FC2ブログ
美しい明日は晴れ
心と意識が織りなす人間模様。いずれを選ぶにしてみても人生かな。 ※掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『認められた存在』
今日の言葉

人生を変えたければ日常の行いを見直すことだ

成功の鍵は日々の日課の中にある

ジョン・C・マクスウェル



自分という人間がこの世に存在して、一体何の意味があるのか。

そういう風に考えてしまう場合があるかもしれません。

地球環境からみれば、人間などいない方が良い環境になるでしょう。

しかし、それでも人間はここに存在しています。

自分の事をつまらない人間だと思う人にも、そうではない人にも、例外なく地球はその恩恵を与えています。

それにも関わらず、自分の存在を無意味だと思うのは、地球に対しても失礼であり、何より自分の生命に対しても失礼極まりないのです。

無意味であるならば、人間は存在しません。

個人にしても同じで、無意味に生まれる人間など存在しないのです。

人は「自分」の存在を甘く見ているのです。

大勢の中の一人に成り下がっているのです。

しかも、進んでそうしているのですから、悲しい事です。

好きでそんな事はしていない、と言われても、結果的に落ちた所から上がろうとしていないのですから、進んでそうしていると言うのです。

自分を救うのは、他人でもなく、神仏でもなく、魂でもなく、自分しかいないのです。

他人はちょっとだけ手助けしてくれますが、実際に立ち上がり、懸命に上がる事ができるのは自分だけではありませんか。

誰かが背負って上がってくれるのを待っているというのならば、それに見合う代償を払う覚悟があるでしょうか。

恐らく、それもないのです。

ならば、自分という人間は「ただ生まれ、ただ生きた」というだけで終わってしまいます。

何か偉業を成せとか、有名になれとか、金持ちになれ、という訳ではなく、自分という人間を心の底から楽しみ、「生まれて良かった」と言おうではないですか。

人間は生まれたからには、その存在を認められたのです。

それだけは忘れないください。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。