美しい明日は晴れ
心と意識が織りなす人間模様。いずれを選ぶにしてみても人生かな。 ※掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『変わらない歴史』
今日の言葉

あなたの現在の人生は、過去の選択の結果だ

同じことは、あなたの未来にもあてはまる

マイケル・ルボーフ


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



自分の感情をコントロールできない事、それが自分にとって良くないと判っていても、どうしてもコントロールできずに、怒ってしまう方がいます。

「良くない」と判っているのに、どうしても怒りを抑えられないと言うのです。

それは「良くない」と判っているのではなく、「良くない」と知っているだけの事です。

知っているだけで、判ってはいない(自分の中に染み込んでいない)のですから、怒りという感情が優先されて当然です。

育った環境や家系的なもの、または前世(以前魂が宿っていた人々の過去)の影響で、感情を優先してしまう傾向があるのは確かです。(総称して因縁という)

しかし、それは言い訳に過ぎないのです。

本当に良くない事だと思うのならば、耐える事を身につけるしかありません。

因縁に引きずられて、同じ過ちを繰り返していくのが人間です。

それを断ち切る事ができるのも人間です。

その一部は私に断ち切る事ができるとしても、全てを断ち切ることはできないのです。

そこには本人の努力が必要になるのです。

しかし、人は楽をして良くなりたいと考えます。(全ての人がそうではありませんが)

何が不思議な呪文を唱えてもらったら、全てが良い方向に進み始めるという幻想を抱いているのです。

アドバイスを求められて、「こうした方が良いですよ」と言っても、努力はしたくないのですから、聞いただけで終わりなのです。

本当に「良くない」と思うのならば、何でもしようという決意をするしかないのです。

ですから、抑えようと思っても怒りを抑えられないのは、決意がないからなのです。

今までの自分(前世を含めて)のまま、次(来世があるとして)にバトンタッチするのです。

歴史は繰り返す、それはこの世の流れを言うだけではなく、個人にも同じ事が言えるのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆
スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。