美しい明日は晴れ
心と意識が織りなす人間模様。いずれを選ぶにしてみても人生かな。 ※掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『現実と非現実』
今日の言葉

性格が悪い? 友達が少ない?

まわりとうまくやっていけない?

そんな悩み、すぐに消えるわ

"自分はこうあるべき"って決めつけるのをやめれば

Ms.Royce

ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



何事にも必ず「原因」となるものがあります。

そしてその「原因」は必ずしも現実的な事とは限りません。

今まで様々な相談を受けてきましたが、現実的な原因もあれば、非現実的な原因もありました。

たとえば、会社に行こうと思っても、一歩外に出たらお腹が痛くなる人がいたとします。

現実的な原因としては、本人の甘えなどがあります。

会社に行くと嫌な事があり、嫌な事を避けたいと思う気持ちが、腹痛となって表れてくるのです。

そういう場合は、病院でカウンセリングを受けたり、別の会社に転職したり(この場合はまた嫌な事が発生して同じ事を繰り返す可能性が高い)、精神的な強さを身につけていくなど、現実的な対処が必要になっていきます。

これとは違い、非現実的な原因があったとしたら、恐らく、現実的な対処では補えないものが出てきます。

たとえば、何か霊にとり憑かれているとか、住んでいる家や土地がよくないなどの原因があった場合、治療や薬の効果は薄いケースがあるのです。

中には現実的な原因と非現実的な原因が絡まっているケースや非現実的な原因が一つだけではないケースもあります。

現実と非現実、どちらか一方だけを見ていては、解決できないのです。

ところが、今は非現実な見方は受け入れられない事が多いのです。

それは非現実を商売として悪用するケースが多く、また果たして本当に「ある」のかが判らないからです。

判らないことに対して、私たちはどう対処していいのか判らず、見ないようにしているのです。

ただ、非現実に触れた時、何かしらの反応が出る場合があります。

たとえば、魂の話を聞いて、なぜか涙が出る(自分でもなぜか理解できない)人がいます。

その涙が魂という実体のない存在の意志表示なのですが、実際に自分が体験しても見ようとしない場合が多いのです。

自分の体験さえも、「判らない」と逃げようとするならば、非現実は味方にはならないのです。

私たちは現実と非現実の両方が存在する世界に生きているのです。


真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆
スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。