美しい明日は晴れ
心と意識が織りなす人間模様。いずれを選ぶにしてみても人生かな。 ※掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『畏怖』
今日の言葉

明日を向上させる唯一の方法は

今日間違ってしまったことを知ることなんだよ

ロビン・S.シャーマ


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



強面の人に因縁をつけられて、何が何だか判らないけど、とにかく頭を下げて許しを乞う、そんなシーンがドラマや映画などでもあります。

弱虫とか情けない、そんな印象があるかもしれませんが、そんなシーンを見ながら、「許しを乞う」というものに気づいていけるでしょうか。

ちょっとでも生意気な雰囲気を出せば、いつ命を取られてもおかしくない状況で、恥も外聞もありませんよね。

とにかくここで許してもらえなければ命がないと思うものがあれば、これ以上下げようがないほど頭を下げるしかないのです。

しかし、中にはプライドが許さないというタイプの方もいます。

何とか反撃してやろう、死んでも頭なんて下げないぞ、と命よりもプライドを守ろうとするのです。

判らなくもないのですが、死んでしまえばプライドも何もありません。

神に許しを乞うというのは、強面の人を前にするよりも難しいものがあります。

なぜなら、見えないからです。

ナイフでもちらつかせて、脅しをかける人なら、「ヤバイ」と思えるかもしれませんが、神はそんな事はしません。

もし目に見えるとするなら、微笑んでさえいるかもしれませんね。

その微笑に恐怖を感じる人がどれだけいるのでしょうか。

人は知らない故に、神に対して生意気な事をしてしまいます。

そして、強面の人と違って、脅されるわけでもありませんから、最後の最後まで自分が生意気である事にも気づかないのです。

まずは今抱いている神の概念を捨てることです。

宗教的な信仰を捨てろというわけではなく、あなたが教育、生活環境等で染み付けてきた神という実に人間にとって都合よい神の概念を捨てるのです。

そして、畏怖を持つ事ですね。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。