美しい明日は晴れ
心と意識が織りなす人間模様。いずれを選ぶにしてみても人生かな。 ※掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『勘違い』
今日の言葉

何事も最後までやり続けなければ

○という答えも、×という答えも、どちらの答えも出ない

私はどんな答えが出ようとも、最後の答えが出るまであきらめない

山崎俊明


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



魂や神(この世を創造した存在)が人間を見守り、助ける、という事はありません。

しかし、それが真実であっても、人間は信じようとはしません。

なぜなら、見守って欲しい、助けて欲しいと思っている、またはそういう風に教えられた土台がある故に、認められないのです。

ですから、宗教的には、人間を見守り、助けるのが神仏なのです。

宗教的にはそれでも良いのかもしれません。

しかし、魂や神におんぶに抱っこという感覚を持ったままでは、必ず「違う」という結果が訪れます。

特に魂に関しては、魂の方が人間を頼っているのです。

何度も書いているので覚えている方もいらっしゃるでしょうが、魂には実体がありません。

実体のない魂の表現したい事や行動したい事を人間が代わりにこの肉体を使った表現していくのです。

魂や神を自分にとって都合の良い存在だという甘い幻想は捨てる事です。

これは魂を信じている人でも、そうではない人でも同じです。

信じているから大丈夫という事は決してないのです。

どうしても、信じていれば大丈夫ではないか、と考えがちですが、それも甘い幻想なのです。

では、なぜ魂を信じるのか、信じて何の価値(利益)があるのか、と言いたくなるかもしれませんね。

確かにそうかもしれませんが、意味あって神は人間に魂を宿したのですから、人間はそれに沿うしかないのです。(これが仕組みなのです)

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆
スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。