FC2ブログ
美しい明日は晴れ
心と意識が織りなす人間模様。いずれを選ぶにしてみても人生かな。 ※掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『魂の声』
今日の言葉

私の夢は

死ぬ間際まで輝いた目をして生きていくこと

大場満郎


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



魂は輪廻するという話は何度か書いてきました。

「何度か」という事は、回数には限りがあるという意味です。

その何度かのチャンスの間に、成すべき事があるのです。

そのために、私たち人間は存在しています。

ところが、人間はそれを知りません。

誰も教えてはくれませんし、本当かどうか、と疑うのが一般的です。

たとえ人間が「魂」という存在を信じようが信じまいが、あるものはあるのです。

それだけは確かだと言えます。

そして、ラストチャンスに近ければ近い魂ほど、その存在を知らしめようとする作用も強くなっていくのです。

最近出会った男性も、恐らくラストチャンスに近い魂を持つのでしょう。

小さな頃から、不思議な体験(言いようのない恐怖を感じる)を何度か体験していました。

人に話しても理解されない、自分で考えても答えが出ない、そういうもどかしさを抱えていたようです。

その恐怖を体験させていたのは、恐らく彼の魂です。

「死」という恐怖はこういう怖さだと見せていたのです。

これから、魂という存在を認め、己の中に浸透させていくことで、そういう恐怖を見ることはなくなっていくでしょう。

彼の場合は、魂がそういうものを見せていたからです。

妄想や何かにとり憑かれたというものではなく、魂が「魂という存在を語る者」に出会わせるためにとった一つの手段だったのです。

魂が「死後の世界をフラッシュバックさせる」という現象は時折あるのです。

激しい人はパニックになります。(瞬きが怖いとさえ言う=死後は暗闇の世界)

対処法は、その人の中にある魂に「その存在を人間に伝えるから安心してください」と語りかけるしかありません。

ただし、その声が魂にまで届くかどうか、それは伝える側の人間が魂とどれだけ繋がっているのかで、違ってくるかもしれませんね。

魂について学ぶ、そして魂と共に生きる、それはこういう風に不安を抱えている人を一人でも多く笑顔に戻せるという事なのです。

決して特別な事ではないのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆
スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。