美しい明日は晴れ
心と意識が織りなす人間模様。いずれを選ぶにしてみても人生かな。 ※掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『捉え違い』
ホームページにて更新

http://kozando.web.fc2.com/

スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『宿命』
ホームページにて更新

http://kozando.web.fc2.com/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『歩き出す』
ホームページにて更新

http://kozando.web.fc2.com/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『柔軟さ』
ホームページにて更新

http://kozando.web.fc2.com/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『問いかけ』
ホームページにて更新

http://kozando.web.fc2.com/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『支配者ではない』
ホームページにて更新

http://kozando.web.fc2.com/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『始まり』
ホームページにて更新

http://kozando.web.fc2.com/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『真剣さ』
ホームページにて更新

http://kozando.web.fc2.com/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『己の身は己で守る』
ホームページにて更新

http://kozando.web.fc2.com/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『仕組みとして』
ホームページにて更新

http://kozando.web.fc2.com/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『アンテナを張って』
ホームページにて更新

http://kozando.web.fc2.com/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『自分のものは精神のみ』
ホームページにて更新

http://kozando.web.fc2.com/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『心を自分色に染めてはいませんか』
ホームページにて更新

http://kozando.web.fc2.com/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『積極的な生き方』
ホームページにて更新

http://kozando.web.fc2.com/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『知らないのならば』
ホームページにて更新

http://kozando.web.fc2.com/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『より良い人生を手にするための第一歩』
ホームページにて更新

http://kozando.web.fc2.com/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『信じた結果に対しての捉え方』
ホームページにて更新

http://kozando.web.fc2.com/

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『安心を求めて彷徨う人々』
今日の言葉

何事があっても、成果を得ることを焦らないこと

松本幸夫



不安、それも現実的な不安ではなく、原因がはっきりとしない不安というものを抱く人が年々と増えています。

とにかく安心できない
安心できないから何か(異常に人に依存したり、薬に頼ったり等)で埋め合わせをしようとする
しかしそれでも一瞬しか安心を感じないので余計に埋め合わせするために何かに依存する
という悪循環を繰り返し、最終的に自分で自分を消そうとする場合もあります。

病気としてもそういう症状はありますが、病気ではない場合もあります。

それが「魂」に関する場合です。

安心できない原因が魂である場合、病院での治療の効果が低くなる事が考えられます。

医療や科学だけを信じていても、それだけで全てが解決するとは限らないのです。

逆に、魂の話だけで全てが解決するとも限りません。

一部だけを見ると解決できないため、総合的に見て判断するしかありません。

心は手にとって見る事ができませんから、どこにどういう怪我があるのか、判断は難しいです。

安心できない、不安を感じる、そういう方に多く出会いました。

中には病院で治療が必要な方もいらっしゃいましたが、多くの場合、やはり魂が関係していました。

魂とは、魂の話をしてくれる人の元に、人間を運ぼうとします。

私の元を訪れたという時点で、原因が魂にある可能性は高いのかもしれません。

後は、その方がどう受け取るのかで変わります。

魂の話なんて胡散臭いと思われるかもしれませんし、何か高価な壷や印鑑でも売られそうに思うかもしれません。

10人が10人、受け入れられるとは思いませんが、一人でも多くの方が笑顔になれるように、私も日々精進です。

真実への扉は・・・本家にある

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『何が正しいのか』
今日の言葉

すべてはあなたが何を選択するかで決まる

マイケル・ルボーフ




「自分はいつも正しい」とどこかで思っている人間は、必ず問題が生じます。

なぜなら、「正しい」と判断する基準がすでに違うからです。

何をもって「正しい」や「間違い」を判断しているのでしょうか。

全ては自分の考え方や捉え方の中で決めているのではないでしょうか。

自分を基準に判断すれば、自分以外の多くの人は変わり者で、いつも間違いばかりになってしまいます。

多くの人の基準の中で、一番人数が多いであろう部分を「常識」としているだけで、人に迷惑を掛けなければ、常識から外れようと、一概に間違いではありません。

また常識の中にあるから「正しい」とも限らないのです。

「自分はいつも正しい」と思う人が、同じように思っている人と出会えば、当然衝突します。

どちらも「自分が正しい」と思っているのですから(自覚のない場合も)、譲り合う事はないのです。

自分には考えられないような事をしていても、それが相手の「正しい」と思っている事なのです。

日常生活の中で、自分と考え方が違えば、イライラしたり、気分の悪くなる事もあるでしょう。

しかし、それぞれに「正しい」と思う所があるのだと、受け入れる事です。

支持しろとはいいませんが、「そういう考え方の人なのだ」と受け入れるしかないのです。

それが人を不快にさせたり、迷惑を掛けるような事であったとするならば、その報いはどこかで受けるのですから、人間が文句をいう必要はありません。(魂はいつも見ていますから感情的に文句をいえば自分に返る場合もある)

もしあなたがその相手を大事に思うのならば、相手の話をしっかりと聞いた上で、それでも変えた方が良いと思えばアドバイスしてもいいでしょう。

ただし、人は早々変わりません。(素直さ・謙虚さ・感謝の欠如故に)

長い時間を掛けて、いつも言い聞かせるしかありませんから、根気が必要ですよ。

逆に、自分が何かを言われた場合は、素直さ・謙虚さ・感謝をもって対応してください。

「自分が正しい」という思いを一旦忘れ、相手の話を真剣に聞いてください。

決して相手を見るのではなく、相手の話を聞くのです。(身なりや地位等で判断すると間違えますよ)

真実への扉は・・・本家にある

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

おしらせ
3月1日 ホームページをリニューアルしました

http://kozando.web.fc2.com/
『忠実に』
今日の言葉

社会生活を送るうえで、常識は大切です

ただ、自分の仕事への姿勢とか人生に対する態度が

常識の範囲内だけにとどまるようでは

ぬきんでた創造性を発揮することはできません

村上和雄



「こんな事をしてはいけない」という気持ちがあれば(小さかろうと大きかろうと)、それはしない方が良いのです。

なぜ「してはいけない」と思うのか、それを無視してはいけないのです。

今までの経験や常識で思うものもあれば、魂がそう思わせるものもあります。

どちらにしても、自分がそう思ったという事を大切にしなければ、結果的に「しなければよかった」というものになる可能性が高いのです。

魂は実体はありませんから、「してはいけません」と声を出して教えてはくれません。

しかし、ふと過る思いとして、または他人を通して、教えてくれているのです。

ふと過る思い、それがいつも魂が発するものではありませんが、どれがそれなのかも解りません。

それ故に、自分が感じた事や思った事に対して、忠実になるように心掛けるしかないのです。

以前、仏壇の前に洗濯物を干して、その日の夜中に急に具合が悪くなった方がいました。

「偶然」で済ませるなら、それでもいいでしょう。

しかし、偶然ではないとすると、何なのか。

その方は「こんな所に洗濯物を干したら…」と一瞬考えたそうです。

全ての人が、仏壇の前に洗濯物を干して具合が悪くなるわけではありません。

しかし、一瞬でも「罰が当たらないだろうか」と考えたのならば、起こり得る事なのです。

仏壇に祭られている先祖が怒った、という事ではないのです。

自分が一瞬でも思った事を打ち消したという事に対して、それを修正して欲しいからこそ、具合が悪くなるという状況が生まれただけの事です。

それを理解できるのならば、または理解しようと努力しているのならば、怖いことはないのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『認められた存在』
今日の言葉

人生を変えたければ日常の行いを見直すことだ

成功の鍵は日々の日課の中にある

ジョン・C・マクスウェル



自分という人間がこの世に存在して、一体何の意味があるのか。

そういう風に考えてしまう場合があるかもしれません。

地球環境からみれば、人間などいない方が良い環境になるでしょう。

しかし、それでも人間はここに存在しています。

自分の事をつまらない人間だと思う人にも、そうではない人にも、例外なく地球はその恩恵を与えています。

それにも関わらず、自分の存在を無意味だと思うのは、地球に対しても失礼であり、何より自分の生命に対しても失礼極まりないのです。

無意味であるならば、人間は存在しません。

個人にしても同じで、無意味に生まれる人間など存在しないのです。

人は「自分」の存在を甘く見ているのです。

大勢の中の一人に成り下がっているのです。

しかも、進んでそうしているのですから、悲しい事です。

好きでそんな事はしていない、と言われても、結果的に落ちた所から上がろうとしていないのですから、進んでそうしていると言うのです。

自分を救うのは、他人でもなく、神仏でもなく、魂でもなく、自分しかいないのです。

他人はちょっとだけ手助けしてくれますが、実際に立ち上がり、懸命に上がる事ができるのは自分だけではありませんか。

誰かが背負って上がってくれるのを待っているというのならば、それに見合う代償を払う覚悟があるでしょうか。

恐らく、それもないのです。

ならば、自分という人間は「ただ生まれ、ただ生きた」というだけで終わってしまいます。

何か偉業を成せとか、有名になれとか、金持ちになれ、という訳ではなく、自分という人間を心の底から楽しみ、「生まれて良かった」と言おうではないですか。

人間は生まれたからには、その存在を認められたのです。

それだけは忘れないください。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。