美しい明日は晴れ
心と意識が織りなす人間模様。いずれを選ぶにしてみても人生かな。 ※掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『気づかない間にまとった鎧』
今日の言葉

自分自身に負けない限り

それは敗北ではないのです

エレノア・ルーズベルト


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



自分の過ち、それに気づくだけではなく、その過ちを認めるとなると難しいものです。

それを認めることが、自分を否定する事のように感じているのですが、決してそうではありません。

人には、自分の中で作り上げた自分像というものがあります。

「ひねくれ者!?そう、それが自分なんだからいいじゃないか!」などと自分自身を納得させようとしているのですが、自分が成長する中で勝手に作り上げた自分像が果たしていかほどのものでしょうか。

それが本当の自分の姿であると、胸を張って叫ぶ事ができるでしょうか。

「私は○○だから」という言葉の中に、「私はどうせ○○だから」と卑下する気持ちはありませんか。

または今更本当の自分を曝け出すのが恥ずかしかったり、照れくさかったり、怖かったりしてはいませんか。

成長の過程で身につけたものが全て不要だとは思いませんが、本当の自分に自分で鎧を着せてはいないでしょうか。

もし本当の自分を封印しているとするならば、本当の自分はどういう思いでいるでしょうか。

そのもどかしさを人はどこかで感じ取っているはずです。

そのもどかしさが何であるのかを知らないだけなのです。

鎧を脱ぐ事は恐怖かもしれませんが、鎧の重さで潰れてしまう前に、手遅れになる前に、本当の自分と向き合う勇気を持って欲しいものです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『感情と表現』
今日の言葉

私が人生で学んだことは

自分が今もっている力を全部使えということです

スティーヴン・ホーキング

ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



きつい時にきつい顔をして、辛い時に辛い顔をして、機嫌が悪い時に機嫌が悪い顔をして、それで全てが解消できるでしょうか。

そういう顔をしても、何一つ解消しない事の方が多いのではないでしょうか。

多少なりとも他人からは気を遣ってもらえるかもしれませんが、いつもいつも他人から気を遣われるだけの人間であなたは満足でしょうか。

人間ですから、きつい時はついきつい顔をしてしまうでしょう。

機嫌が悪ければ「私、今すごく機嫌が悪いです」と一目でわかる様な顔をしてしまうかもしれません。

その時々の感情や気持ちを顔に出していく事、それは一つの表現なのかもしれませんが、それが誰かを不快にさせたり、気を遣わせるようなものではどうでしょうか。

また、己の感情にいつも左右されている自分は、どうなのでしょうか。

いつもいい笑顔で、とよく書きますが、いざ実践してみると、自分がどれだけ感情に左右されているのかがよく判ります。

要するに、人間はわがままな面を持っているのです。

不機嫌な顔をしても許される環境なら、それに甘え、己の感情をコントロールできなくなっていくのです。

感情的な人間は、ある一面では素晴らしいものがあるかもしれませんが、その影にはその感情に全てを破壊させる危険性も持ち合わせているのです。

我慢とか忍耐とか、誰かのためにするものではなく、己の成長のためにあるのです。

己の成長のためだからこそ、我慢も忍耐もただ苦しいものではなく、喜び(成長できれば)が伴うのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『関係性』
今日の言葉

反省は病を治す薬だが

大事なのは過ちを改めるということだ

もし悔いにとらわれているだけなら

その薬が元で別の病がおこる

王陽明


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



魂や神、その存在は信じるだけで頼るものではありません。

「信じているから大丈夫」

そんな事はないのです。

信じているから助けてもらえる、そう思いたくなるのは理解できますが、だから人間の努力は不要だとか、好きにしてよいわけではありません。

先日も、具合を悪くして入院された方がいました。

その方は確かに魂や神の存在を純粋に信じています。

しかし、信じているからといって、病気で食べてはいけないと言われているものを食べたり、不摂生をしていて、何事もないわけはありません。

この方は「信じていたのに」という言葉は言いませんでしたが、多くの場合、「信じている」と口で言いながら、何か悪い事があれば「信じていたのに」と思うものです。

その言葉は必ず自分に返るのです。

信じるだけで、私たちは魂や神に頼ったり、願ったりするものではないのです。

いつも言いますが、人間の人生・未来は、その人間の思い、行動の結果なのです。

そこには確かに魂が関与しているのですが、それはこの世のルールに人間の思いや行動を照らし合わせ、ルールに反していないかを判断しているだけなのです。

信じているから病気は悪くならないだろう、そんな考えは通用しません。

これだけは憶えておいて欲しいです。

どうしても今までの概念では、信じれば何もかもうまくいく、そんな考えがあるかもしれません。

しかし、それは真実ではないのです。

信じれば何もかもうまくいくと言った方が人は信じてくれます。

その方が都合が良いですからね。

でも人間の都合に合わせた魂や神は一切存在しないのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『今日は今日だけ』
今日の言葉

頭ばかりで考えるかわりに

感じるように知覚するようにつとめてごらん

人生の深い意味は、思考のもっとむこう側にあるんだ

エンリケ・バリオス


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



先を考えて、今を躊躇しても、考えていた先(未来)が必ずあるとは限らないものです。

人の生命とは、平均としては80歳までは…と頭にあるかもしれませんが、それは確約があるわけではありませんよね。

明日も自分は生きている、一年後も自分は生きている、という前提で物事を判断しています。

もちろん、明日死ぬかもしれないと怯えて過ごすよりも楽観的でいいのかもしれませんが、今日の自分を全て出し切れないまま一日を終えてしまうという事が後悔へと繋がるという事を忘れないでください。

たとえ明日もあると思っていたとしても、今日は今日、今日しかないのです。

躊躇する事や後回しにする事、何事もなく明日が来るのならいいのですが、死というものは待ってはくれないものです。

将来の計画や夢を持つことは当然大切な事ですし、それに向かって日々努力する事も重要なのですが、大抵考える先(未来)は目の前の損得なのです。

目先の欲ばかりを見ていると、もっと先の未来は見えませんし、また足元をすくわれる事になりますので、せめて今日一日の自分の力を出し切り、「よくやった」と言えるような自分を目指していきましょう。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『見つめて』
img.jpg (長崎にて)

今日の言葉

賢い人は

人を恨むことは

自分を傷つけることだと理解している

アール・ナイチンゲール

ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



私たちは生まれた時に魂が宿りますが、その宿った魂を育むのは人間です。

魂は輪廻します。

人間が育み、次へと引渡し、また人間が受け継ぎ、それを繰り返し、魂を育むのです。

前世でどこまで成長したのか、それによって現世にも影響があります。

大きく成長した魂は、次にも期待するのです。

しかし、人間が魂との関係を育むものだと理解できない場合には(大抵は守られているという所で終る)、その期待度に比例して、何が何でも気付かせようとする作用も大きくなります。

時には全てを失うような事もあるのです。

心の成長‐今の時代はそれを求めているようで、実はその先に社会的成功や個人的な幸せを求めています。

故に、結果的には、途中まではうまくいっても、どこかで落とし穴にはまるのです。

「心」というものと「欲」というものをどこかで同一視しているのです。

もちろんそういう自覚はないのでしょうが、生活の中で染み付いた習性なのかもしれませんね。

心とは欲ではありません。

人間はただ生きるだけではダメなのです。

一人一人に何かしらの役割があるのです。

それはあなたの心の中に描く想いを形にする事です。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『表現』
今日の言葉

「これをやりにおれは生まれてきた」

と思えることだけを考えていればよい

アーネスト・ヘミングウェイ


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



子供を見ていると、興味のあるものに対して「見せて!」と身を乗り出したり、母親や父親に「(お母さん、お父さん)好き?」と聞かれて満面の笑みで「大好き!」と答えたりと、心を表現するのが非常に上手なものです。

こういう事に対して、「見せて!」や「大好き!」と言われた自分はどう思うでしょうか。

多くは、その姿に愛おしさを感じる、要は心打たれる自分があるのではないでしょうか。

表現一つで、人はこんなにも心打たれるものなのです。

もちろん逆もあります。

正しい事を言っているのに反発が返るのは、言っている内容ではなく、言っている人間に反発しているのです。

言い方が生意気だ、そんな事で正しいのに認めてもらえないのか、と思うかもしれませんが、人には感情がありますよね。

自分は感情に左右されない人間だとしても、皆がそうではありません。

人はどうしても感情に左右されるのです。

故に正しい、間違いではなく、好きか、嫌いかが重要になる事があります。

子供の表現の仕方、大人に全てが適用できるわけではないでしょうが、子供だろうと大人だろうと、自分が心打たれたものがあれば、どんどん自分にも吸収していくといいでしょうね。

そんな恥ずかしい事できないよ、と思うものであっても、その恥ずかしさを打破できれば、また違う魅力の自分に出会えるのですよ。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『原点』
今日の言葉

人と比べたときから不幸がはじまり

あと先考えることから不安が生まれる

板橋興宗


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



生きる意味や生まれた意味を知りたいと思うのは、どこか今の自分に違和感があるのです。

つまりは、自分が何者なのかを知りたいのです。

それが以前から書いている「何を成すべきか」という事なのです。

順風満帆な人生を歩んでいる人でも、成すべき道から外れた場合には、必ず戻ってくる原点です。

自分の意志が明確で、しっかりしている時には、因縁や霊とかいう目に見えない存在の影響も薄らぐのですが、意志がなく、ただ日々を消化するだけの生活を送る場合には、軽い体調不良や倦怠感などに拍車を掛けるように、因縁や霊などの影響を強く受ける事があります。

まさに弱り目に祟り目(弱ったときに、さらに災難にあうこと)ですが、その始まりは人間の心なのです。

誰もが何かを成せねばならないと思いつつも、何も成せない、何を成せばいいのかわからないまま、ただ時を過ごしている結果、様々な不都合が生じ、原点(何かを成せ!)に戻されるのです。

しかし原点に戻ったのだという事を知らなければ、なぜそうなるのか、自分はどうしたらいいのかさえも判らないのです。

故に更に状況は悪化し、ただの体調不良が病気に変わったりするのです。

たとえ因縁や霊の影響だとしても、それを取り除いてみたところで、原点である「何かを成さねばならない」という意志を人間が持てなければ、何度取り除いても同じ事の繰り返しです。

人間の心の中に甘い甘いケーキがある間は、何度駆除してもアリはやってくるのです。

人は弱いものです。

故に誰もが陥る可能性を秘めているのです。

弱い事は恥ずかしい事ではありませんが、そういう自分と向き合おうとしない、そういう自分を認めようとしないことは恥ずかしい事なのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『意志』
今日の言葉

守りつくして、破るとも

離るるとても、本(もと)を忘れるな

千利休


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



魂とは意志なのです。

たとえば、目の前に一枚の絵があったとします。

その絵は元は何もなかったものです。

無から生まれた有なのです。

何もなかったところで、「絵を書こう」という意志があり、想いとして(イメージとして)絵の構図が浮かび、それに伴う行動としてキャンバスの前で絵筆を握り、一枚の絵が生まれるのです。

この宇宙も一つの想いから生まれたのです。

全てが一つの想い、意志から生まれているのです。

意志がなくては何も始まらないのです。

いや、意志がなくても始まる事は始まりますが、それは建設的なものではなく後退的なものでしょう。

自分がどうありたいのか、その想いのために何かをやろうとする意志、そしてそれに伴った行動、それに対して結果が出ているのです。

誰もがそうやって自分の人生を歩んでいるのですが、想いや意志、そして行動に対しての自己分析や観察をしないままに、結果だけで全てを測ろうとしているのです。

そしてまた結果だけを重視し、その結果にだけあれこれと言い訳を言っているのです。

納得できない結果であったとしても、それは天から降ってきたものでも、他人から押し付けられたものでもありません。

全ての結果は、自分が導いてきたのです。

それを理解できる、または理解しようとするならば、私も教える事は沢山ありますが、判らないとかそんなはずはないと逃げるのであれば、何ができると言うのでしょうか。

肩こりが治った、生理痛が治った、最初はそれが目的で私の元を訪れても構いません。

しかしその中で「気づかなければならないこと」があるのです。

それを説明する事、たとえ聞く耳がなくても、一度は説明していくのです。

人間が知らなければならない故に。

そしてそれが私の役割である故に。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『行動と自立』
今日の言葉

ノックダウンされたかどうかなんてたいした問題ではない

大事なのは立ち上がるかどうかである

ヴィンス・ロンバルディ


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



神が自分を救うのではなく、自分が自分を救うのです。

神(この世を創造した存在)やもう一人の自分(魂)の話をしていると、人は宗教的に捉えます。

それは構いませんが、宗教的に捉えると、次には「何かしてもらえる」という感覚に陥ります。

たとえば、私に会う事で体の不調が良くなったり、気分的に楽になったり、そういう現実的な利益を求めてしまうのです。

しかしそれはいつも言うように「一時的な回避」でしかないのです。

言わば「シェルター」の中に入るようなものです。

その中にいる間は安全なのです。

しかし一歩外に出ると、他人の言動に傷つき、うまくいかない事に悩み、自分に負けて苦しむのです。

それでは駄目なのです。

自分を救えるのは自分なのです。

自分が行動しなくては自分を救えないのです。

判らない事は聞いてくださいと言います。

教えてもらうには「お願いします」と自分が言わなければ始まらないのです。

そして素直さ、謙虚さを出して人の話を聞く事ができるのか、聞いたらそれをどう表現していくのか、結局は自分が何かアクションを起こさなければ変わらないのです。

確かに私のところに来ていただければ、楽になることがあるのですが、それだけを目的にされると困るのです。

困るのは私ではなく、あなたなのです。

なぜなら、あなたは求められているのです。

自立する事を求められているのです。

もう一人の自分(魂)は人間のあなたに真の意味での自分らしさを表現し、生きている事の喜びを感じてほしい、表現してほしいと願っているのです。

人間には寿命という形で時間に限りがあります。

その残りは誰にも判りませんが、制限のある時間の中で、人間が出来ることは限られてきます。

実りある遠回りなら良いですが、ただ時間が流れてしまっただけの遠回りなら時間の無駄なのです。

人生をもっと真剣に考えてみても良いのではないでしょうか。

本当のあなたは心の奥にいつも存在しているのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『知れば知るほどに』
今日の言葉

あなたの希望は、あなたの心に宿っている

あなたの心のままに、希望の光は輝く

あとは、あなたが努力するだけだ

キャサリン・マンスフィールド


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



「なんで私だけがこんな目に遭うのだろうか」と感じる事は、生きていれば一度くらいはあるのではないでしょうか。

私は悪い事など何もしてない、この「悪い事」とは何を指しているのでしょうか。

良い悪いは人間の判断で異なります。

故に「人間の考える悪い事=この世のルールにおける悪い事」とは限らないのです。

なぜなら、人それぞれ、または時代背景、更には地域によって基準の変わる人間の良し悪しは一貫性がありません。

同じ行動でも人によっては良くもあり、悪くもあるのですから。

人間社会のルールとは別に、この世のルールというものがあるのです。

それに人間の言動や思いが照らし合わされ、結果として出てくるのです。

そのルールがいかなるものなのか、それを示したルールブックはありません。

しかし自分が、そして他人が生きる中で、それを垣間見る事ができるのです。

結果から原因を探し出す、そうして言えるものがあるのです。

よく出てくる「素直さ・謙虚さ・感謝」や「挨拶・ありがとう・すみません・ごめんなさい・いつもいい笑顔」というものも、長年多くの人を見てきて、その結果人間に必要な事なのだと言えるのです。

表面的にだけではなく、心から、それを実践できるのならば、「どうしてこんな目に遭うのか」という言葉は出ないようになるのです。

たとえ、そう言いたくなるような状況にあったとしても、それが自分の至らなさの結果である事を認識できれば、この言葉は出ないものなのです。

悪くないと思っている自分、それはルールというものを知らない故に出てしまうのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『意志を生かす』
今日の言葉

人間は弱いものです

感情の波に押し流され、呑み込まれてしまいがちです

しかし、そんな中で敢えて、感情や思考や行動を

いかにコントロールするかが私たちの課題なのです

(ジィーン・マーフィー)


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



アイデアや閃きは、それを形に出来なければ消えてしまいます。

成功できる人は、そのアイデアや閃きを実現するために行動できるのです。

行動できない人は、いずれはそのアイデアや閃き自体が出て来なくなります。

アイデアや閃きの中には、経験や知識の上に成り立つものもありますし、そういう土台もなしに浮かぶものもありますが、どちらにしても、その湧き出たものを「いかに受け止めるのか」なのです。

湧き出るものを感性と言いますが、感性はあるだけでは何にもなりません。

それを実行するのが人間であり、そのためにこの肉体があるのです。

成功するか、失敗するか、それは湧き出たものによるのではなく、実行する私たちの行動と心に左右されます。

注意深く、かつ思い切って行動できるのか、また余計な計算(こうすればもっと儲かるなど)や余裕(何とかなるだろう等)がないか、自分を追い詰める必要はありませんが、必死さを忘れれば、必ず失敗します。

自分の思い通りにならないのが世の中です。

ならば思い通りにしようとする自分を消すしかないのです。

故に「無になれ」とか「欲を消せ」と言われているのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『従える素直さ』
今日の言葉

感謝の気持ちというのは自然な感情のあらわれなので

「務めて」得られるものではないとお思いの方もおられるでしょう

しかし、私は逆に、努力をしなければ

感謝する心は得られないと考えています

熊谷正寿


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



悪い予感は当たる、と思ったことはありませんか。

何かをしようとした時、「これはヤバイかな」とか「これはしちゃいけないかな」と思った場合、何事もなく終わるよりも「やっぱり…」という結果を迎える事の方が多いように感じます。

それは予感が当たったというよりも、予感に従えなかった故の当然の結果なのです。

以前にも書いた事がありますが、自分の中にある魂は良い事を事前に教えてくれる事はなく、事前に教えてくれる事は悪い事であり、それは人間に回避の時間を与えるためなのです。

故に、「これはヤバイかな」とか「これはしちゃいけないかな」と思った自分、それは経験なのかもしれませんし、知識なのかもしれませんし、魂からの警告なのかもしれません。

たとえ発信元は判らなくても、自分の中でそういうものが浮かんだとするのなら、従うのか従わないのか、二つの選択肢しかありません。

従ったとしても、それが思い過ごしや取り越し苦労となる事もあるかもしれませんが、何より重要なのは浮かんだ事に対して従う姿勢です。

当たったとか、外れたとかは実は問題ではないのです。

浮かぶという事が大切で、従っていくことで確率はあがるでしょうが、従わなければいずれは何も浮かばなくなります。

従わない者に対して、警告は無意味だと判断されたなら、予感など不要なのです。

要するに「守っても意味はない」と審判を下されたに近いものがあります。

そうなるとキツイ思いをするのは自分です。

と言っても、理解できない話かもしれませんが、自分の中にある魂、そしてその魂が発する思いを信じて欲しいと願うのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『望みと結果』
今日の言葉

知識というものは

それが学習者の心に同化し

かつその人の性格に表れるときのみ真の知識となる

三浦梅園


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



人の人生は、いつも自分が望んだ通りになっています。

今、「いや、自分はこんな人生、望んでいなかった」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではないのです。

自分が望んだ通りに行動した、その結果が気に入らないから「望んでいなかった」と思っているのです。

結果を導くに至った行動、それを行なったのは誰でしょうか。

他人ではなく、自分ですよね。

という事は、その行動過程で自分が何か間違ってしまったのか、それとも最初に選んだ望みとは違う望みが自分の中で優先されているのです。

たとえば、カレーライスを食べようか、うどんを食べようかと悩んだとします。

カレーライスを食べたいという望みとうどんを食べたいという望みがあるのです。

そして、カレーライスを食べるという望みを選択したとして、食べ終わって「やっぱりうどんにすればよかった」と思えば、選択時とは違う望みを今は優先しているのです。

しかし、最初の選択もまた自分の望みであったのは変わりのないことなのです。

同じように、親の勧める縁談を受けるのか、自分の選んだ相手と結婚するのか、と悩んだとします。
前者は親の望みを叶えたいという望み、または親の小言を聞きたくないという望み、何かしらの望みがあるでしょう。

そして後者は、自分の好きな人と一緒になりたいという望みです。

どちらも自分の望みに違いはありません。

そしてどちらを選ぶにしても、それは自分の望みを叶える事になるのです。

結果、結婚生活がうまくいかなかったとしても、それは誰かのせいではなく、やはり自分の責任なのです。

人生に「押し付けられる」という選択肢はないのです。

どれも自分の望みを叶えたに過ぎないのですから。

誰かのせいにした方が楽なのですが、それは逃げているだけなのです。


真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『主人と主人公』
今日の言葉

信じるのだ

こんなちっぽけな人間でも

やろうとする意志さえあれば

どんなことでもやれるということを

マクシム・ゴーリキー


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



人は神や仏というものを外に向けて求めています。

自分の内に、「魂」という名の神が存在している事を知らずに、外へ外へとそれを求めているのです。

しかし、己の内に神が存在すると言うと、大抵の場合は間違うのです。

神が存在する自分、つまりは自分が神なのだと勘違いしてしまうのです。

確かに、人間の内に「魂」という名の神は存在しますが、だからと言って(人間の)自分が神ではないのです。

人間は人生の主人公ではあっても主人ではない、と前にも書きましたが、その主人が魂であるのです。

そして、その魂と人間が繋がる事、人間が魂に入り込む事ができれば最高なのです。

それは知識として頭で理解するのではなく、心で繋がる事です。

そうなって欲しいと魂が願い、また人間に訴えているのです。

そのために、人は辛い思いや痛い思いをするのです。

なぜなら、そういう風に追い込まれないと、人は考えないからです。

あなたの中には、あなただけを見つめ、あなただけを守り、あなただけを頼りにしている魂が存在しているのです。

ただし、あなたがその存在に気づいてくれなければ、そこにあって、そこにはない存在になってしまうのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『壁』
今日の言葉

心の中のヴィジョンは

現実になるんだ

ジョン・レノン


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



人には他人には理解しきれない部分があります。

それを頭から悪い事だと押さえつけてしまうと、それを奥に押し込んでしまいます。

しかし、いつかはそれも押し込めないようになり、爆発するのです。
(外に向かえば暴力、内に向かえば自傷、自殺)

人は愛とか優しさを求めているのです。

それだけでは駄目な事は判っていますが、それでも最初は愛とか優しさが必要なのです。

要は、受け入れて欲しいのです。

認めて欲しいのです。

人は誰でも受け入れて欲しい、認めて欲しいと願うものです。

自分が受け入れられ、認められた時に喜びを感じるように、誰もがそうなのです。

ところが、自分はそれで喜びを感じるのに、人は他人を受け入れること、認めることを簡単にはできません。

簡単にできない自分には、見えないバリアがあるのです。

それは相手よりも優位な立場にいたいという思いです。

これがやっかいなもので、自分ではそう意識しているわけではないのです。

無意識の意識とでもいいましょうか、知らず知らずのうちに相手よりも優位でありたいと思うのです。

優越感を味わいたいのなら、決して超えられない壁が現れます。

自分が作り出した幻想の壁ですが、幻想であろうと、壁は壁です。

その壁が自分にいかなる影響を与えるのか、それは人それぞれ違いますが、自分が作り出したものであるのですから、自分にしか壊せません。

人は何も持たずに生まれ、何も持たずに死するのみ。

自分が作った壁でさえも、たとえそれが目に見えないものだとしても、壊すしかないのです。

それを死後も持ち続けるとするのなら、これこそ地獄です。

死んだ後まで考える必要はないのかもしれませんが、人はいつも自分の作った幻想の壁に四方八方取り囲まれているのです。

それで(真の意味での)自分らしさを出し、人生を謳歌できるでしょうか。

壁を壊すためにも、自分が喜びを感じた事を忘れずに、次は自分がその喜びを誰かに感じてもらえる自分になる事です。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『認識』
今日の言葉

人にとって最も恐ろしいのは、惰性で日を送ることである

向上心があれば、飽きることがない

仕事・生活の中に、向上の道を残さねばならない

向上を求めねばならない

西堀栄三郎


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



思いもよらぬ出来事が生じた時、なぜこんな目に遭わなければならないのかと憤慨するのか。

それとも、この程度で済んで良かったと感謝するのか。

この違いが次に続くかどうかの分かれ目です。

不幸な目に遭って、なぜ感謝するのか。

そう思うのは当たり前です。

しかし、その不幸は天から降ってきたものではなく、自分の導いたものです。

それに対して、不幸な目に遭ったとしても、自分の命まで取られることがなかったという点を無視してしまえば、次はその命さえも危ういのです。

不幸とか不都合は、何か自分が至らなかった(知らない故の間違い、甘え)部分が導くのです。

誰かに忠告されたとしても「そんな事は関係ない」というタイプの人はいつも危うい橋を渡っているのです。

その橋がいつ落ちるのか、それは誰にも判りませんが、自分の吐いた言葉が橋を少しずつ壊しているのです。

以前お話した事がありますが。井戸のお祓いをしていた人が、急に心臓を痛めました。

心臓の手術をするにまで至りましたが、命までは取られなかったのです。

見えない存在を相手にするのですから、相手が強ければ命を取られる事もあります。

もし、この井戸を何も知識のない人が、手順を踏まずに自分勝手に埋めたとしたならば、手術程度で終わったとは思えません。

その道に精通している人でも、一瞬の気の緩みで思わぬ結果を導くものです。

自分がどれだけ真剣に向かい合えるのか、そこがポイントなのです。

死に至る手前で許してもらえた、という捉え方ができるかどうか。

もし、警告するだけの価値がなければ、一瞬で終わりなのです。

不幸や不都合が生じることは、確かに喜ばしい事ではありませんが、まだまだ見捨てられていない証拠でもあるのです。

ただ、何度も何度もそういう目に遭うのは、精神的にも肉体的にもあまり良い事ではありません。

一度目より二度目、二度目より三度目、回数を重ねる毎にきつくなりますので、なるべく早めに気づく事が賢明です。

何に気づくのか、それは見えなくても存在するものがあるという事です。

それは霊とか土地神とか、そういう存在もですが、己の魂、そしてこの空間を創造した存在です。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『見えない世界』
今日の言葉

成功者は成功するために必要な代償は

喜んで前払いし

すぐに報酬が手に入らなくても気にしない

ジェフ・ケラー


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



「知らない」という事で怖さを知らない(気付かない)事があります。

たとえば、目の前に見た事のない生き物がいたとして、それがライオンのような姿ならば不用意に近づかないかもしれませんが、もし猫や犬、小鳥のような姿であれば、手を出す可能性があります。

猛毒を持ち、攻撃的だとしても、それを知らなければ手を出すかもしれません。

そして、そういう事を知らなくても、噛まれれば毒に冒されます。

知らない故に怖さを知らず、かと言って影響がないわけでもないのです。

同じような事がこの世界にもあります。

見えなくても「あるものはある」のであり、たとえば霊とか土地神とか因縁とか、挙げればキリがありませんが、人がその存在を知らないだけで、実は私たち人間と共にこの空間に存在しているものがあるのです。

それらは見えないだけで、存在しないわけではないのです。

故に不用意に近づき、触れてしまえば影響があるのです。

人間はその存在を知らない(見えない)故に、無視しているのです。

相手も人間の存在に気づかなければ何もないかもしれませんが、向こうはあなたに気づいているのです。

そして、人間に対して「ここにいるのになぜ気づかないのか、なぜ礼儀を欠くのか」と伝えようとするものがあるのです。

見えないのにどうやって知る事ができるのか、と思うかもしれませんが、それは人間が視覚のみに頼りすぎているからです。

見えないものを始めから否定している気持ちがあるのです。

だからこそ、「ここに何かある」とか「気をつけなさい」というシグナルを見落としているのです。

ここは空気が違う、何だか胸騒ぎがする、そういうシグナルを受けつつ、それさえも無視しているのです。

その結果、何事もなければ良いのですが、往々にして何かしらの影響を受けているのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『意志』
今日の言葉

人と比較をしたら必ず力んで固くなる

それは自分の負けです

石川洋

ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



人は一つの風船の持っています。

風船は、人が空気を入れなければ膨らみません。

その風船が魂であり、入れる空気は人間の意思(つまりは心)なのです。

この風船に限度はありません。

入れたいだけ入るのですが、ただその空気(=意思)は何でも良いわけではありません。

入る前にフィルターに掛けられ、そこを通過できるものだけが入っていきます。

どれが通り、どれが通らないのか、明確には区別できませんが、ただ言える事は、その意思が己の欲望を満たすためだけの物では通らないのです。

風船がどれだけ膨らませる事ができるのか、これが自分がどれだけ魂を成長させる事ができるのかという事です。

それに何の価値があるのか、実際魂を磨いたとして金持ちになれる訳ではありませんし、有名になれる訳ではありません。

しかし、風船を持つという事は、膨らまさなければならないのです。

どれだけ膨らませる事ができるのか、それに挑戦したいと思う自分にとってのみ、価値や意味があることなのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『真実は誰が投げ掛けるのか』
今日の言葉

あなたの現在、そして未来は、すべてあなた次第なのです

現在のあなたの姿は、これまであなたが選んできた決断と行動の積み重ねなのです

あなたが生き方を変えれば、未来はいくらでも変えられるのです

ブライアン・トレーシー


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



軽微な自動車事故にばかりあう人がいます。(仮にAさんとします)

自分が悪い事もあれば、相手の不注意であることもありますが、なぜこんなにも続くのか、不思議に思っているようです。

以前にも書いた事がありますが、自動車事故などは、一秒違えば遭わなかったものが多いのです。

逆にいえば、そうなるように仕組まれた(というと言葉が悪いですが)場合もあるのです。

Aさんは、人当たりのよい人で、一般的にみれば「良い人」と言われる部類に入るでしょう。

しかし、人間から見れば「良い人」であったとしても、魂から見るとまた違う部分があるのです。

Aさんは、事故に遭う前に、こんな出来事があったそうです。

ある日、仕事の件で、あるアルバイトの人から指摘を受けたそうです。

その時、「あんたに言われたくない」と心の中に思ったのか、ムッとしてしまったそうです。

自分の上司に指摘されるならまだしも、アルバイトの人に言われた事に腹を立てたのでしょう。

しかし、その指摘が真実であるならば、誰に指摘されようと、真実は真実として投げられたのですから、どう受け止めるのか、Aさんの心がそこで見られたのです。

魂は常に向上を求めます。

修正して欲しい所があるとしても、魂は決して人間にアドバイスできません。

実体がないのですから、伝えようがないのです。

そこで、他人を使ってアドバイスをしてもらうのです。

それが必ずしも上司とは限りません。

むしろ、「あんたに言われたくない」と思うような人が選ばれるのかもしれませんよ。

そんな時、素直さもなければ、謙虚さもない、ましてや感謝なんて有り得るはずもない、そんな反応をしてしまえば、魂はどう感じるでしょうね。

私たちは、常に見られているのです。

自分より下だと思う人から指摘される事を良しとしない、そんなAさんの気持ちを手に取るほど知っている魂は、わざわざ腹を立てるであろう相手に指摘してもらう事で、Aさんの成長を願うのです。

しかし、人はその思いを知りませんから、自分の感情を優先させて、腹を立てたり、愚痴を言ったりするのです。

それだけが事故の原因ではないかもしれませんが、少なくとも原因の一つでは有り得るのです。

少なからず、似たような経験は皆さんもあるのではないでしょうか。

真実は必ずしも立派な身なり、立派な肩書きの人が投げ掛けるものではないのです。

あなたに投げ掛けられた指摘、それに対して、素直さと謙虚さ、そして感謝を忘れていると、足をすくわれるのは自分自身なのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『心の色とルール』
今日の言葉

成功に至る第一歩は

自分が心で何を望んでいるかを見つけ出すことです

それがはっきり分からないうちは

何を期待しても駄目でしょう

イマヌエル・カント


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



人には心があります。

その心は、その時々の感情等により様々に色付けされています。

たとえば、怒りを覚えれば、心には怒りの色がつきます。

恨みを抱けば、心には恨みの色がつきます。

喜びや感動を覚えれば、心には喜びや感動の色がつくでしょう。

そしてその心には、魂が存在します。

心を住まいとする魂にとって、人間が心にどのような色付けをするのか、それは重要な事なのです。

あなたが「こういう家に住みたい」と思うように、魂にも「こういう心に住みたい」という願いがあります。

あなたが日の光も入らないようなごみ屋敷に住みたいと思うのなら別ですが、多くの人はたっぷりと日の光が入り、空気の澄んだ家の方が気持ち良いのではないでしょうか。

魂も同じように、恨みや怒り等により色付けされた心よりも、喜びや感動により色付けされた心の方が気持ち良いのです。

人はごみ屋敷のような場所を好んだとしても、魂はそうはいきません。

魂が自ら心を汚す事はないのですから、当然なのですけどね。

怒りや恨みを抱くのは人間に勝手なのですが、魂という存在を無視し、自分勝手に心を汚した責任は、いずれ、何かの形で取らなくてはならないのです。

それが運の悪さ、不都合、不幸として現れたとしても、人はそれを受け入れるしかないのです。

与えられたペナルティではなく、自らが導いたペナルティなのですから。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『真の自分』
今日の言葉

人間の脳は人を信じ感謝すると、自分を信じられるように出来ている

大舞台で、人間は意外と自分を信じられない

周囲への感謝の気持ちを持つことによって

自分を信じ、脳の潜在能力を引き出せる

西田文郎


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



毎日の生活に追われ、単調なリズムの中で生きていると、物事を深く追求したり、感動する事が薄れてきます。

そうなると、今以上の自分を発見する事も、また自分を成長させる事もなくなってしまいます。

生きてはいても、それはただ生きているだけ、自分が自分である価値さえも見出せないままに人生は終ってしまうのです。

自分が何のために生まれ、また生まれたからには何を成さねばらないのか、それを知るためにも感動や喜びを知る事が大切だと言いましたが、単調な毎日では無感動な社会の歯車になってしまいます。

だからこそ、単調な生活の中にも、様々な事に好奇心を持つように意識しなければなりません。

意識しなければ何事も見逃してしまいます。

たとえば、奥さんの髪形の変化、ロングヘアーをショートカットにすれば誰でも気付きますが、分け目を変えたとか、髪の色を少し変えたなど、些細な変化にも気付けるような自分が必要なのです。

そこで、なぜ髪型を変えたのかと問う事で、奥さんの心境の変化を知る事ができるかもしれません。

物事を考えるにあたり、何かに気付き、追究する事で納得を得る事ができるのです。

感動や喜びを知るために生活を変える必要はなく、ただ意識を変えていけば良いのです。

そして知った自分の感動や喜び、それをまた追究していけば良いのです。

その繰り返しによって、自分の中にある真の自分を少しずつでも発見していくのです。

それが人生というものになるのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『自分を捨てる』
今日の言葉

私の苦難などは、地球的規模で見れば

まったく取るに足らないものですよ

ミッシャ・マイスキー


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



誰でも「自分」というものを持っています。

その「自分」が今の自分を形成しているとするのなら、病気や不運さえもその自分が作ったのです。

その部分だけを誰か、または何かのせいにしていませんか。

いつも言っているではないですか、「全ての責任は自分にある」と。

現状に不満や不都合があるとするなら、過去に戻って修正する事はできませんが、今の自分を修正する事はできます。

今の自分が変われるのならば、未来はまた違う方向に開けていくのです。

死んだつもりで頑張りなさい、の死んだつもりとは、全てを捨てなさいという事です。

自分の持つこだわりや性格(成長する過程で形成された)など、「これが自分さ」と思っていた自分を捨て去るのです。

捨てなければ、また同じ道を歩む事になのですから、やり直したいと思うことがあれば、まずは捨てるのです。

大病等、命に関わるような出来事から生還できるのは、どこかで自分を捨て、新たに作り直せる人なのです。

たとえば、あなたが命に関わるような状況で助けを求めるとして、汚れた道端で土下座してみなさいと言われて、できるでしょうか。

命に関わるような状況でも、できない人が多いのです。

なぜできないのか。

恥ずかしさもあるでしょう、見栄もあるでしょう。

人の感情として良しとできないものがあるのですが、それができなければ救われないとしても、捨てられない何かを持っているのです。

それを持っているから死ぬかもしれないと言われても、捨てるぐらいなら死んだ方がマシだと思うのかもしれませんし、どこかで真剣になれない、生に対する甘えがあるのでしょう。

消えゆく命を救うために、自分ができる事は何でもやるという気持ちを持てるかどうか。

病気や不都合と戦うのではなく、病気や不都合を作った自分と戦うのです。

修正しようという気持ちと、捨てられないという自分との戦いです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『チャレンジ』
今日の言葉

たやすく得られるものに、人は命をかけるはずがない

鈴木光司


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



人は思いと行動が一致しません。

「こうしたらいい」と思うことがあっても、そうするための決断と行動がないのです。

そして物事を傍観し、結果が良ければ「やっぱりそうだと思った」と言うのですが、思うだけでは自分の手にする事はできないのです。

人は不安を持っています。

もしかしたら…うまくいかないかもしれない、バカにされるかもしれないと未来・結果に不安があるのです。

しかし、やってみなければうまくいくのか、いかないのか判りません。

思いは形になる、と言っても、それはその思いを形にしようとする自分がなければ、座って願うだけではいつまで経っても形にはなりません。

消極的な考え方(うまくいくだろうか等)では自分を萎縮させてしまいます。

結果がどうであろうと、自分が「こうしたらいい」と思うことがあれば、行動あるのみです。

それが自分を活かす事になるのです。

最初は失敗する事もあるでしょうが、それで諦めてはいけません。

なぜ失敗したのか、どこが間違っていたのか、やり方だけではなく、自分の心のあり方(半信半疑だったのではないか、嫌々したのではないか、高をくくっていたのではないか等)を見つめ直し、試行錯誤しながら一歩一歩前へ歩くのです。

生きていれば、誰にでもうまくいかない事はあります。

成功した人としなかった人の差は、諦めなかったか諦めてしまったか、だたそれだけなのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『完全燃焼を目指して』
今日の言葉

「あなたが悪い」と相手に向かって人差し指をさす時

残り3本の指は、自分をさしています

相手に一方的に非がある確率は、そのくらいだと考えましょう

倉林秀光


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



今の自分の生き様に満足している、と心から言える人はどれくらいいるのでしょうか。

誰しも、そう言いたいと思いつつ、どこかで満足しきれない自分があるのを薄々気づいているのではないでしょうか。

自分という人間に対して、不完全燃焼を感じてはいないでしょうか。

それを判っているからこそ、他人からそれを指摘された時に、腹が立つのです。

自分でも薄々気づいているのですが、この不完全燃焼をどうしたら解消できるのか判らないのです。

何が、どうして、そういう事を感じるのかさえも判らないのですから、どう対処すれば良いのかは判らないのです。

その発信源は、自分の中にあるのです。

しかし、それを自分で覆い隠しているのです。

現実の生活を重視する余りに、自分では気づかないうちに、本当の自分を押し殺しているのです。

何も、生活を捨てる必要はありませんが、それだけがあなたの人生なのでしょうか。

人生は、長いようであって、気づけばあっという間に年を経ているものです。

その時、ああしておけば良かった、こうしておけば良かった、と思っても、その時に間に合うものかどうか判りません。

それが後悔となってしまう前に、現実の生活だけではなく、あなたの人生を、あなたの中にある輝きを、重視していく事ができれば、不完全燃焼を感じる事はなくなるのではないでしょうか。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『根本を知る』
今日の言葉

チャレンジしなかったら、成功するかどうかさえ分からない

フィル・ナイト


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



「人間、決して逆らえない存在がある」という畏怖を持っているでしょうか。

持っているとして、それをどれほど深く自分の中に浸透させているでしょうか。

持っていないとして、それはなぜでしょうか。

この世というものは、何かの意思により生まれました。

と言っても、それを示すものはありません。

示すものはありませんが、何かの意思によりこの世が生まれ、地球が生まれ、そしてそこに人間が存在するのは真実です。

そこでその存在に対しての畏怖と繋がっていくのですが、見えない、判らないものですから、理解できるものではありませんよね。

ただ、理解できないから、判らないから、という理由で甘くみて許されるものではありません。

多くの人が、多くの著書や話の中で、似たような話をしていると思いますが、どういう形であれ、あなたはすでに「逆らえない存在がある」と語られているのです。

その存在なしに、人間はもちろんの事、その他全ての存在があり得ないのです。

その存在が「我を畏れよ」とは言いません。

しかし、人間がたて突くようであれば、その他の存在がそれを許しません。

もちろん、あなたの中にある魂も同じです。

魂が「畏れを知りなさい」という場合、宿る人間を守る事を止めます。

止めれば、その他の存在が人間に手出しできるようになります。

それが俗に言うような、とり憑かれたとか祟られたという状況なのです。

という事は、根本を知る事で、とり憑かれたとか祟られたという状況に追い込まれる事は少なくなっていきます。(礼儀や畏れを忘れたら同じですが)

その根本を知らしめるために、様々な出来事があるのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『人間性』
今日の言葉

できない理由ではなく

できる理由を考えよう

植西聰


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



忙しい時に用事を頼まれて「ムカッ」としたり、判っている事を注意されて「ムカッ」としたり、そういう事は多くの人が抱く感情です。

突き詰めれば、自分の思い通りにいかない故に抱くのでしょう。

それを人間性と言うのです。

その人間性が色濃くあるからこそ、うまくいかないのですが、その意味が人には判りません。

うまくいかない原因は、表面的には他人が足を引っ張ったり、社会が足を引っ張ったりしているように思えるのですが、そうなるにはもっと別の原因があるのです。

それが人間(自分)なのです。

うまくいかない中心にはあなたが存在するのです。

他人は変えられないが、自分は変えられる、自分が変われば、環境が変わるのです。

言ってみれば、この世はあなたを中心に回っています。

あなたの天下と言う意味ではなく、あなただから今の状況が在るのです。

あなたの心や行動、言葉が全て今のあなたとあなたの置かれている状況を作っているのです。

故に変わりたければ、周りを変えようとするだけでは根本的には何の解決にもならないのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。