美しい明日は晴れ
心と意識が織りなす人間模様。いずれを選ぶにしてみても人生かな。 ※掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『心』
今日の言葉

健康の専門家によれば

深呼吸ほど健康によいものはないそうです

朝、ちょっと手を休めて外に出て

5回ほど深呼吸をしてみませんか

アーニ・ゼリンスキ


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



人は知らず知らずのうちにこの世のルールというものを身につけていることがあります。

それは経験かもしれませんし、親や祖父母からの教えであるかもしれませんが、なぜそうなのかは理解できなくても、身についたものがあるのです。

たとえば、大木を切ろうとして事故が頻発するという事がありますが、同じ木をいとも簡単に切る事が出来た人がいます。

今まで何度も事故があったにも関わらず、なぜその人は切る事ができたのでしょうか。

話を聞くと、「何事も理(ことわり)を入れずにうまくいく事はない」と言われていました。

当然、それまででもお祓いという形はとっていたのですが、結局は形だけだったのです。

その方のやり方は我流ではありますが、そこに伝わる思いがあったのでしょう。

もちろん、形というものは必要です。

それは人に見せるために必要なのです。

しかし、理を入れる相手には形式ではなく「心」です。

それを生活の中で、または教育の中で、いかにして培っていくのか、という事なのです。

心は見えませんから、言葉で説明しても理解し難い部分があります。

真剣さとか怖さとか、人それぞれ捉え方が違います。

自分がどれだけ真剣なのか、それは自分にしか判らないようでいて、自分でさえも判らない部分があるのではないでしょうか。

これでいいのか、まだまだなのか、それは己に問うしかなく、また判る者に聞くしかなく、そして最終的にはその答えを見て修正するしかないのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『あなただから今の状況がある』
今日の言葉

あなたが人から褒めてもらっても

それは人生の味付けくらいに思っておこう

人生のメインディッシュは自分で用意すべきなのだ

スティーブ・チャンドラー


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



生きていれば様々な事に出会います。

良い事もあれば、悪い事もあります。

それぞれが自分だから招いた事なのです。

いつも書くように自分が全ての発信源になっているのです。

他の誰かではなく、いつも自分なのです。

今起こっている事の糸を探り寄せると、自分の何かに繋がっているのです。

人に助けてもらうという事は、その糸を切ってもらうようなもの。

一時的にはそれでも良いのですが、元々その糸は自分から出ているのですから、その元をどうにかしなければ、また糸は伸び、何かを引き寄せてきます。

何がどう関係しているのか、それは人の話の中や人の生き様を見ることでいつも教えてもらっています。

それに気づくかどうか、また気づいたとして自分に取り入れ、修正していけるかどうか。

気づけなければ、人に聞かなければなりませんが、人の話を素直に聞き入れられる自分があるでしょうか。

人間、どこかで自分は正しいという概念を持っています。

また人から「おかしい」とか「直した方がいい」と言われる事自体を良しとはできないものがあります。

もちろん、人から何と言われようと、譲れない何かを持つ事は大切な事です。

しかし、それがもし人間の意地、頑なさからくるものであれば、少し方向が違ってくるのです。

本当に些細な違いなのですが、それがいざという時に大きな差となるのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『気づくことができるか』
今日の言葉

斧の刃が取れても柄まで捨ててはいけない

(ジャン=アントワーヌ・ド・バイフ)


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



幸せ、幸福の感じ方は人それぞれにあります。

しかし、物やお金があれば幸せだとか自分の欲望が満たされたら幸せだという感じ方が今の人間を表しています。

人間はどんな環境であれ、生まれたこと、この世に存在することが幸せ、幸福なのです。

つまり人間は全て揃っているのです。

そこに気づかなければ本当の意味での幸せ、幸福を得ることはできないのです。

全て揃っている人間に足りないものがあるとするならば、それは努力であり、感謝なのです。

五体満足な人間ほど、その事に感謝しません。

自由に動けるにも関わらず、動こうとしないのです。

そして口から出るのは不平不満ばかりです。

口を動かす前にやるべき事があるのではないでしょうか。

生きているだけで幸せ、幸福だと感謝することもなく、お金がない、恋人がいないなど、「ない!ない!」と喚いているだけなのに、物事がスムーズに流れるはずがないのです。

流れを妨げているのは、誰でもなく自分自身であることに気づかなければなりません。

あるもの(今の状況)に甘んじているだけの自分をどの方向に向かわせるのか、また向かう方向が決まったとして、どれだけ努力できるのか、そこの所を考え直していかなければ、決して前へ進むことはできないのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『影』
今日の言葉

前例がないとか、誰もそんな風にしないなどという言葉で

あきらめたり、アイデアを捨てたりしないこと

そう言われたら、ますます試す価値がある

誰かがあえて違うことをやろうとしなかったら

自動車も飛行機も存在しなかったはずだ

ノーム・クロスビー


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



人それぞれの持つ雰囲気。

あなたも人と出会い、話をしている時に、「この人はこんな人なんだろうなぁ」と何となくでも雰囲気というものを感じる事があるのではないでしょうか。

そういう雰囲気、それは育った環境だけではなく、その人の持つ本質が醸し出すものなのです。

そして、その本質というものが、「魂」なのです。

ですから、たとえば赤い魂を宿す人は赤い雰囲気を、青い魂を宿す人は青い雰囲気を、どこかで発しているのです。
(※実際には魂に赤色とか青色はありません)

四六時中、そういう雰囲気を出している訳ではありません。

人間には意識がありますから、人の意識が強ければ、その人間の色が濃く出てきます。

魂の雰囲気の上に、人の作り出した雰囲気等が覆い被さる事があるのです。

しかし、ふとした瞬間、隠れていた雰囲気が表面に出てきます。

そういう瞬間が誰にでもあるのです。

普段粗暴な人がふと見せる優しさ、その中には、元々その優しさが本質である場合もあります。

しかし、普段は自分の育った環境、選んだ生き様が強く、優しいなんて人から思われるのは虫唾が走る、なんて思っているのなら、なかなか表には出てこないのです。

本人が、普段の自分というものを捨て去り、本質の自分を出そう、いえ、育もうとしなければ、本質の自分はいつも現実の自分の影なのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『見方を変えると』
今日の言葉

人生に絶対がない以上

決断したらそのまま全力で切り込むしかない

そこに迷いが少しでも出たらそれが命取りになる

児玉光雄


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



現実は影絵。

スクリーンに映し出される影。

その裏には様々な真実が隠されています。

表から見れば犬。

しかし、裏に回らなければ、その犬は何の素材で出来ているのか、大きさはどのぐらいなのか、はたまた犬だと思っていたのは何かが重なってそう見えているだけかもしれないなど正体は判りません。

人間もそうです。

この現実に生きている私達は影なのです。

裏に回れば、各々の心のあり方、考え方、因縁、前世、魂…挙げればキリがありませんが、現実からは見えないけれど、確実に現実に影響を与えているものが存在するのです。

影といっても、元々は裏にあるものが反映されたものです。

故に、全く無関係のものが現れているわけではありませんから、本来の正体の一部でも感じられるものがあるのです。

それが良い事であるのならば何も言いませんが、マイナスとなる場合は、早めに裏にある何かを知り、対処していく方が良いのではないか、そう思うのです。

そのためには、現実は影、その裏に必ず影の元となるものがあると認めるしかありません。

たとえそれが自分にとって都合が悪い(今までの概念と違う等)事であったとしても…。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『基準さえも変化している』
今日の言葉

貨財を以って身を殺す無かれ

崔子玉


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



自分の都合を第一としているから、腹も立てば、(人や物事の)好き嫌いがあるのです。

腹が立つという事は、自分で自分を傷つけているという事なのですが、それさえも知らない(気づかない)のです。

好き嫌いにしても、ムラのある人だと思われるでしょうし、嫌いだと敬遠して得られないものがあるかもしれません。

また、嫌いな事をしなければならない時には、やはり自分を傷つけているのです。(我慢はその意味を知らなければストレスとなる)

自分を大切にしているのですが、その「自分」とは、都合であったり、感情であったり、結局はワガママなのです。

結果的に、大切にしている自分を傷つけ、時には命を縮めているかもしれないのです。

都合がある、感情がある、それは誰でもそうなのですが、それを第一としていると、思わぬ事になってしまいます。

なぜなら、自分がこの世に存在する意味というものから外れているからです。

都合も感情も、その時々の事、つまりはいつも変化しているのです。

地に足が着いていないという感覚なのですが、その感覚を認識できるのは、地に足が着いた時ですから、着いていない時は判らないものです。

しかし、どこか自分らしくないとか、心にポッカリ穴が開いたような感覚など、人それぞれに何かしら感じるものはあるのですよ。

それが、自分がこの世に生まれて、何かを成さなければならない、つまりは自分の存在意味から外れている感覚なのです。

読んで、聞いて、「判った」と思う人は少ないでしょうし、その「判った」でさえも、自分に都合よく解釈しているかもしれません。

今日のところは、都合と感情について、皆さんなりに向き合ってみてくださいね。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『感情』
今日の言葉

無駄をおそれてはいけないし

無駄を軽蔑してはいけない

何が無駄で何が無駄でないかはわからないんだ

開高健


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



イライラしたり、怒ってばかりだったり、落ち込んで沈んでいる時、あなたの心はどんな感じですか。

またそういう時の体調や物事の結果は、どういうものなのか、考えた事がありますか。

思い返してみてください。

怒りで胃が痛いとか、落ち込みすぎて人生がイヤになったとか、また普段と変わらない周りの人の対応一つでも気に入らなかったりしませんか。

そういう状態が、あなたがいつまでも浸っていたものでしょうか。

そういう状態が好きな人もいるのかもしれませんが、多くの人はそんな状態を好んでいるとは思えません。

人間は感情を持つ生き物です。

そしてまた、その感情に振り回されて生きてしまう生き物なのです。

その結果、自分が居心地の悪い状態や体調不良を作り上げているのです。

ならば、その感情をいかにコントロールしていくのか、それを身につけていけば、わざわざ自分から悪い状況に身を置くことはないのです。

もちろん、そうする事が自分のためになるのだと理解していなければ、ただの我慢でしかなく、どっちにしても(感情をコントロールしようがしまいが)うまくいく事はないでしょう。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『オアシス』
今日の言葉

人生はタマネギのようなもの

一皮一皮 剥いて行き 時に涙ぐむ

カール・サンドバーグ


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



死ぬかもしれない病に倒れた時、助かるかもしれない治療法があると言われたら、心にパッと光が灯るような感覚があるのではないでしょうか。

実際にそういう経験がないとしても、自分がそういう状況になった時をイメージしてみると、何となくでも感じられるものがあると思います。

そういう心にパッと光が灯るような感覚は、実は普段の生活の中でも経験できるものなのです。

この感覚が心の栄養となっているのです。

たとえば、季節季節にキレイな花が咲きますが、それを見て「あぁ、キレイ」と思う心にもパッと光が灯っているのです。

全く同じ感覚ではないにしても、似た感覚ものがあり、心はそれを栄養としているのです。

今の時代、心よりも頭、知識で捉えようとする傾向があり、心はいつも栄養不足なのです。

心が病めば肉体にも不具合が生じるものです。

肉体をケアしても、心のケアがなければ、限界があります。

逆に、肉体が病めば心も不具合が生じる事もありますが、心のケアができるならば、奇跡だって起こるのです。

人間の肉体は「精神と魂の納まる器」なのです。

どんなに器を手入れしても、その中にある精神が錆びていれば、何度手入れしても錆が移ってしまうのです。

しかし、どんなに錆びた器でも、中にある精神が錆びていなければ、器の錆は手入れする事で(元に戻る事はないとしても)美しくすることはできるのです。

あなたの心は砂漠化していませんか。

まずは、あなた自身がそれに気づき、一つのオアシスを作り出すしかないのですよ。

そのオアシスをどこまで広げられるのか、それもあなた次第です。

不可能だと思えばそこで終わりなのですよ。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『成長』
今日の言葉

われわれは「いい生活」はできるようになったが

「いい人生」を送っているとはいえないではないだろうか

岬龍一郎


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



きつい時にきつい顔をして、辛い時に辛い顔をして、機嫌が悪い時に機嫌が悪い顔をして、それで全てが解消できるのならそれでもいいでしょう。

しかし、そういう顔をしても、何一つ解消しない事の方が多いのではないでしょうか。

多少なりとも他人からは気を遣ってもらえるかもしれませんが、いつもいつも他人から気を遣われるだけの人間であなたは満足でしょうか。

人間ですから、きつい時はついきつい顔をしてしまうでしょう。

機嫌が悪ければ「私、今すごく機嫌が悪いです」と一目でわかる様な顔をしてしまうかもしれません。

その時々の感情や気持ちを顔に出していく事、それは一つの表現なのかもしれませんが、それが誰かを不快にさせたり、気を遣わせるようなものではどうでしょうか。

また、己の感情にいつも左右されている自分は、どうなのでしょうか。

いつもいい笑顔で、とよく書きますが、いざ実践してみると、自分がどれだけ感情に左右されているのかがよく判ります。

要するに、人間はわがままな面を持っているのです。

不機嫌な顔をしても許される環境なら、それに甘え、己の感情をコントロールできなくなっていくのです。

感情的な人間は、ある一面では素晴らしいものがあるかもしれませんが、その影にはその感情に全てを破壊させる危険性も持ち合わせているのです。

我慢とか忍耐とか、誰かのためにするものではなく、己の成長のためにあるのです。

己の成長のためだからこそ、我慢も忍耐もただ苦しいものではなく、喜び(成長できれば)が伴うのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『ルール』
今日の言葉

自分との約束を守れるかだ

朝5時に起きると、自分に約束したら起きる

日常生活で、何かを決めたら死守するという闘いだよ

桜井章一

ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



人は生まれた限りは必ず亡くなります。

これは覆す事はできませんし、従わなければならないルールです。

そう、従わなければならないルール…私たちはそういうルールの下に生きていますが、そのルール、それが神のルールです。

私たちは神という絶対に逆らえない存在の元に生きているのです。

ところが、私たちは「神」というと何か特定の宗教によるもの、果てには願えばそれを叶えてくれる便利屋程度にしか捉えていません。

もしくは、その存在自体を鼻で笑うものがあるかもしれませんね。

神という存在が判らなくても、人はいつかは死ぬ、そのルールは理解できますよね。

生まれて、死ぬまでの間。

それが人間に与えられた時間です。

その中で何をするのか、それを制約するものはありません。

しかし、誰しも生まれたからには意味があります。

何かを成さねばならない、そういうものがあなたにもあるのです。

その中で、あなたはどれだけ心を成長させる事ができるのか、心を傷つけるのではなく、成長させるのです。

成長させながら、あなたにしか出来ないことを発見していく事です。

それができるからこそ、私たちはここに存在させてもらっているのです。

出来るかどうかなんて考える必要はありません。

出来るのですから。

するか、しないか、選択肢は二つしかないのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『積極的に生きる』
今日の言葉

人生は挑まなければ、応えてくれない

うつろに叩けば、うつろにしか応えない

城山三郎


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



何事に対しても、接するからには好奇心を持つことです。

同じ歳月を重ねても、若々しい人とそうではない人に分かれるのは、好奇心を持っているかどうかなのです。

好奇心は人間を若々しくします。

新しい発見に喜びや楽しみを感じる、それが「生きている」という一つではないでしょうか。

「私、更年期がなかったのよ」と仰る方の多くが、好奇心旺盛である事に気づくことがありました。

「生きている」事を謳歌しているタイプの人は、更年期障害にはなる暇もないのかもしれませんね。

それだけではなく、好奇心を持って様々な事を知っていくと、その知識が実感できる事があります。

知識が実感となる、その積み重ねが、魂への栄養の一つになるのです。

「魂を成長させなければならない」と言われても、何をどうしたら良いのか判らないのなら、好奇心を持っていくことです。

魂のことも、自分のことも、私たちは知らない事が山ほどあります。

判らない事だからと言ってもいいぐらいです。

ですから、興味のある事はもちろん、接する機会があるものには、好奇心を持って挑んでみるのです。

食わず嫌いのような対応では、知りえないものがあるのですから。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『受け取り方』
今日の言葉

優れた師匠には完全に受け身になることが肝要だ

受け身になって素直に学ぶというのは

学びの最大のコツである

鎌田浩毅


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



相手の言葉に「真実」があった場合、たとえ相手の言い方が悪かったとしても、言われた自分が受け入れるか、受け入れられないかが大切になります。

どういう意味かというと、相手の言い方が悪くて、あなたが腹を立ててしまえば、あなたは負けなのです。

そのツケが必ずあなたに回ってくるのです。

あなたが腹を立てることを前提に、言い方の悪い相手から「真実」を投げ掛けられているのです。
(相手はそういう気はありません。相手はただ伝える役目に選ばれたに過ぎないのです。)

言い方にばかり気になって、言われた内容にまで到達できないのです。

それ故に、「冷静でありなさい」と言うのですが、その瞬間にはそんな言葉さえも忘れてしまうのでしょう。

人間は自分では気付かなくても、認められなくても、素直に相手の話を聞けない自分があります。

そういう自分に気付いて、改善の努力をした人は、相手がどんな人であっても話を聞くことができるようになるのです。

「そんな事はない。自分は素直に聞いている」と思った方。

すでにそう思った自分が、素直に話を聞いていないのですよ。

よく言うのですが、「あなたは素直じゃないね」と言った時に、「い~え、私は素直ですよ」と答える人ほど素直ではなく、「そう見えるのならそうかもしれませんが、どこが素直に見えないですか」と聞ける人ほど素直なのです。

自分に都合の悪い事や言われて痛い事を言われるのは、誰だって嫌でしょう。

言う方にしても、できれば言いたくないものです。

しかしお互いのためにも、言わなければなりませんし、聞かなければならないのです。

もし誰も自分の悪い点を言ってくれないとするのなら、あなたは一生自分が気付く事以外は何の改善もできないのです。

すでに何も言ってもらえない人は、言われた時に瞬間湯沸かし器のように怒っていないか、「この人に言っても無駄」という人間になっていないか、振り返ってみてください。

何も言われない自分は、完璧なのではなく、完璧とは程遠い位置にいるのかもしれないのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『それでも歩み続ける』
今日の言葉

人生とはおのれとの戦いである

ルドルフ・ヌレエフ


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



生きていると、様々な困難や障害があります。

時に、立ち上がれないほどの傷を負うこともあるかもしれません。

しかし、そこで諦めてしまえば全て終わりです。

今まで一生懸命にやってきた事、日々積み上げてきたもの、それはそのまま温存されるのではなく、徐々に消え去っていくのです。

どんな人も「もう立ち上がれない」という状況に一度や二度は出会います。

誰か一人だけがそういう体験をするわけでありません。

ただ、自分がそういう状況に出会った時、どうしても「なぜ自分だけが」と思ってしまうのです。

目の前の問題だけに気を取られて、ついつい視野が狭くなってしまうのです。

よくよく見回せば、同じように悩み、苦しんでいる人もいます。

そこから必死で立ち上がっている人もいれば、倒れたままの人もいます。

決して「自分だけが困難に出会った」わけではないのです。

どんな状況にあろうとも、それを打破する方法は無限にあります。

ただ、それを実行できるのは自分だけなのです。

その自分が、状況に振り回され、動こうとしていない場合には、打破できるものもできなくなるのです。

様々な状況に出会うとしても、それに振り回されない自分というものを意識してください。

「何とかなる」ものなのです。

ただし、それは自分が何とかなるような努力(行動)をする事が前提ですけどね。

奇跡は勝手に起こるのではなく、奇跡を起こすための種を蒔き、育んだ結果、起こるものなのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『自分を裏切らない』
今日の言葉

多くのことをするのは易しいが

一事を永続するのは難しい

ベン・ジョンソン


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



本当にしたい事に気づくという事は、素敵な事です。

そんな事を考えもしない人、考えても何をしたいのか見つけられない人は、たくさん存在するのですから。

しかし、本当にしたい事に気づいたとしても、それに向かって行くとは限らないのが人間です。

生活が苦しくなる、遊ぶ時間がなくなる、人からバカにされるかもしれない、様々な支障を自分が勝手に作っていき、結果的には何もできなくなるのです。

本当にしたい事、それはあなたにとっての宝物なのです。

ただ、その価値を知らないだけです。

それよりも、現実的な事の方が大切だと思ってしまうのです。

そう、人間にとって、現実が一番なのです。

何度も書いている「一番は魂(神)、二番は他人、三番は自分」という順番の逆をいってしまうのです。

三番の自分、これが現実重視、欲望重視の自分のことです。

順番を間違えると、結局は「違う」という結果しか出なくなります。

本当にしたい事に気づきながら、自分の都合でそれに向かえない理由を作っているのですから、自分を裏切る人間を魂が喜ぶはずがありません。

人間は後ろめたい思いを打ち消すために、自分自身を納得させるふりをするために、できない理由を上手に作っているのです。

それでは、あなたの宝物である思いは、一体どうなってしまうのでしょうか。

人生は一度しかない、と頭では判っていても、つい現実を重視して、何もできない人生を選んでいるのではないでしょうか。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『流れにのれるのか!?』
今日の言葉

自分にとってやりがいのある仕事は

相当程度、掘らなければ、掘り当てることのできないものだ

鷲田小彌太


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



自然界には、リズムや大きな流れがあります。

そして人間もその中に生きています。

水の流れ、空気の流れ、気の流れ、風の流れなどに沿っているのか、それとも逆らっているのか、そこを考えてみると、逆らえば何かしらの影響があるのがうかがえます。

逆らうとは、人間の驕りです。

人間が神の中にあるという事を忘れたような言動・思いになれば、「お前の力でどうにかしてみなさい」という方向に追い込まれるのです。

家を建てるために水の流れを堰き止めれば、そこは淀むのです。

淀んだ所には様々なものが溜まるのです。

それがゴミなら目に見えるでしょうが、目に見えない何かが溜まったとしても、人間は判らないのです。

判らなくても影響はあります。

しかし人間にそれをどうにかする力はないのです。

私利私欲だけを満たそうとする故に、文明の進化はあっても、精神の進歩はないのです。

むしろ後退する一方なのです。

今更便利な生活を捨てろと言っても捨てられるものではありませんが、その中でも精神の進歩は可能なのです。

まずは知る事です。

自分の知らない事を人から聞いて、それを自分の一部にするのです。

そうやって大きくなっていくのです。

聞けない人間は、聞ける人間には勝てないのです。

判らないことを「教えてください」と言えるだけの素直さと謙虚さを出しなさいと言うのです。

恥ずかしさは一瞬です。

知らなかった事での罪は一生、そして次の世代にも受け継がれるのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『不思議を味方に』
今日の言葉

変わる必要があるのは

他人ではなく自分であることを受け入れるまで

私たちは見当違いの努力のために

貴重な時間を無駄にすることになる

神辺四郎


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



不思議な出来事を信じられない、科学的な根拠のないものは嘘っぱちだ、と現実的な見方をする癖がある人は、不思議を味方にできません。

元々、この地球が存在し、また人間や他の生き物が存在できる環境であるという事自体が不思議ではないでしょうか。

それを科学的に全て証明できるでしょうか。

証明できなければ地球はなくなってしまうのでしょうか。

そんな事はありませんよね。

科学は不思議を追っているに過ぎません。

証明できなくても「あるものはある」のです。

病気になったとして、医学で治るものなら、それを活用するのが最善でしょう。

しかし、医学では太刀打ちできないものがあったとしたら、どうなるのでしょうか。

そのままこの世を去っていいのでしょうか。

それであなたは納得できるのでしょうか。

奇跡という不思議は、不思議を受け入れた人間にしか見ることはできません。

信じられない自分があるのに、何が力を貸すのでしょうか。

少しずつですが、時代はそういう目には見えない存在を求めています。

ただし、それがただの流行であっては意味がありません。

一時的な興味では、成長がないのです。

この世には不思議が溢れています。

良くも悪くも、「そんなバカな」と思うような事が平気で起こる世の中なのです。

その仕組みを知り、味方にできるかどうかなのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『強い意志』
今日の言葉

私はあきらめを敵とする

私の日々の努力は実にこのあきらめと戦うことである

北条民雄


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



「素直さ・謙虚さ・感謝」と言葉にすれば、たったこれだけの事ですが、これがどれほど身についているのかが人生を左右します。

この三つの欠如が、様々な問題の根底にあるのです。

逆に考えれば、この三つを意識していくと、解決できる問題もあるのです。

とはいえ、たったこれだけで解決できるのか、と考えたくなるのが人間。

それがすでに「素直さの欠如」だとしても、気づかないのです。

素直さが身についている人から見れば、なぜ聞き入れられないのか。

素直さが身についていない人から見れば、なぜ簡単に聞き入れてしまうのか。

自分で考えてどうにかなる、どうにかできる問題なら、それでいいかもしれません。

しかし、自分で考えてもどうにもならない、判らないものならば、「聞く」しかないのです。

この「聞く」という事が、大抵の人はできません。

素直さも謙虚さも欠如しているのですから、聞けないのです。

聞けない人を非難しているのではなく、人には多かれ少なかれ、そういう一面はあるのです。

それを超えて、どうにかしたいと動く人は、少数派。

世間一般から見れば、それこそ変わり者でしょうね。

しかし、世間から見て変わり者でも、己の人生を真剣に考え、必死に「素直さ・謙虚さ・感謝」を身につけようとするならば、それで良いのではないでしょうか。

世間があなたの人生を変えるのではなく、あなたがあなたの人生を変えるのですから。

運命は変わらない、そう言われるのは、変えられる人が少数派だからなのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『何を信じるのか』
今日の言葉

才能とは、天が人間に貸しているものだ

人間は磨いてもって人の世のために使うべきだ

森田節斎


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



魂の話(真理)をしていると、多くの方は魂という存在を五感で捉えようとしているように感じます。

しかし、五感での存在確認を求めるという事は、実は魂という存在を疑っているという事なのです。

もちろん、疑っていると意識しているわけではないのかもしれませんが、魂との付き合い方を知らない故に、そういう捉え方をしてしまうのです。

五感での確認が一番判りやすいのですが、「姿を見せれば」とか「願いを叶えてくれたら」と条件をつけていくと、「そこまでして信じてもらわなくてもいい」となってしまいます。

人間は魂に好かれるための努力をするだけなのです。

魂の存在を信じるということには条件など必要なく、無条件で信じられるかどうかなのです。

人間は智恵がありますから、勝手に先を考えて、「魂を信じるといったら騙されて何か買わされるのではないか」とか「洗脳されるのではないか」と躊躇するのです。

中にはそういう人もいるでしょう。

それ故に、「何を信じるのか」というのは重要な事です。

あなたの中にあるあなただけの魂。

その魂は、あなたにその存在を認めてもらうことでしか、喜びはないのです。

私や他人が、あなたの中の魂を信じても、「気付いてくれた喜び」はあるかもしれませんが、それ以上はないのです。

むしろ、他人が気付いてくれたのに、なぜあなたは気付かないのか、という失望の方が大きいのかもしれませんね。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『成長』
今日の言葉

チャンスは「今がチャンスだ」と思うものではない

後から「あれはチャンスだった」と思うものなのだ

見城徹


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



人間を超える事、それは自分の作った「枠」を外す事です。

枠を外すと必ず自分に返ってきます。

できない自分、やろうとしない自分を許していけば、いつまで経っても人間は超えられないのです。

要は自分に勝たなくてはならないのです。

それは自分の弱い部分にです。

好き嫌い、感情が抑えられない、継続できない、様々な事がありますが、それを一つずつクリアしていく事です。

常に向上心を忘れずに、前向きでいく事です。

それがまた自分の自信へと繋がるのです。

「できる」と決め付けていかなければ、能力的にできる事であっても、できなくなります。

ただし、土台となる部分から固めていかなければ、中途半端で終わってしまいます。

そのためにも「挨拶・ありがとう・すみません・ごめんなさい・いつも笑顔」があるのです。

読むだけなら簡単そうに思えますが、実践してみるとどれほど自分ができていないのかが判ります。

それと共に「驕らず・怒らず・怠らず・優しく・美しく」も実践してみてください。

これを日々の生活の中で実践する事で、少なからず変化をもたらしてくれます。

もちろん時にはできない事もあるでしょうが、心掛けを忘れずにいられるならば、結果は必ず出ます。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『真の心』
今日の言葉

楽観性ってすごく大事

不機嫌な顔をした成功者はいないんです

長嶋有


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



たった一つの真実を求めて、人間は彷徨い、その時々の気分や感情で一喜一憂を繰り返し、そして終わるのです。

人間の捉える真実は、結局は事実でしかないのです。

人間は真実を「人の心」に求めてきました。

しかしよく考えてみると、人の心ほど流動的なものはないのではないでしょうか。

今日の心と明日の心は同じではありません。

三十分後でさえも違う事があるのです。

その時々で変化する人間の心に真実を求める事自体が矛盾しているのですが、それにさえも気付かないのです。

人の心に真実を求めても、そこには真実はないのです。

人の心は「真の心」ではないのです。

心は、「人の心」と「真の心」の間を行ったり来たりしているのです。

ふとした瞬間に真の心が表れるのですが、その意味が判らない故に自分の手でまた底に沈めているのです。

理解できなくても、無視するのではなく、流してしまうのではなく、追求していかなければ知る事はできないのです。

人の心は人間の自分の心、真の心はもう一人の自分(魂)の発する想いです。

例えば、同じ花の絵を書くとして、書くものは「花」である事は同じですが、人それぞれそれを表現する術は違います。

大きなキャンバスに油絵の具で描く人もいれば、小さな紙に鉛筆で描く人もいます。
しかし出来上がるのは花の絵です。

その過程が人それぞれの個性であり、こうしよう、これを使ってみようという発想が真の心の発するものなのです。

1+1=2であるとしても「2」という答えを導く手段は無限にあるというのはこういう事なのです。

発想が浮かんだとしても、それを人間が行動に移してくれなければ、「発想という形のないもの」のまま消えてしまいます。

もう一人の自分は姿形も実体もないのです。

形と出来るのは肉体のある自分なのです。

そこに気づいて欲しいのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『畏敬の念』
今日の言葉

自分の命をどういうふうに使っていくかと考えたときには

好きなことをした方がいいよ

(吉村徳男)


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



宗教でいう所の神仏ではなく、この世を創造し、生命を誕生させる事のできる(唯一の)神。

そういう存在を敬う気持ちが根底にあるかどうか。

人間が人間の感覚で良いとか悪いとか、存在するとか存在しないとか、議論する事もできないような、冒してはいけない領域があるのです。

信じない、それは自由なのですが、信じないからといって、それが自分に何の関わりもないとはならないのです。

確かに、(唯一の)神は人間に何もしてはくれません。

生まれたからには人間は自分の力(人間の力と魂の力)で生きていかなければなりません。

しかし、「(唯一の)神を差し置いて」という感覚を持っていると、この世から弾かれてしまうのです。

なぜなら、この世は(唯一の)神が創った世界だからです。

今のご時世、神だとか仏といえば宗教、もしくはご利益を求めるものですが、それらは人間が創ったものでしかないのです。

それ以前に、ここにこうして地球とか宇宙とかいう空間が創られていたのです。

そしてそれらを創ったのが(唯一の)神であったのです。

神という言葉が嫌なら、別の名前でもいいのですが、何か人間の感覚では捉えられない存在がこの空間を創ったのです。

そう考えると、(唯一の)神は何もしてくれないのではなく、すでに私たちはその恩恵を受けているのです。

(唯一の)神の創ったこの世界に存在する限り、決してその存在を冒してはならないのです。

弾かれるとは、亡くなるという意味ではなく、陽の当たらない人生を自分だけではなく、自分の子孫も送ることになるという意味です。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『人、生きる道』
今日の言葉

社会生活を送るうえで、常識は大切です

ただ、自分の仕事への姿勢とか人生に対する態度が

常識の範囲内だけにとどまるようでは

ぬきんでた創造性を発揮することはできません

村上和雄


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



人は求めています。

自分が何のために生まれてきたのか。

自分は何をしなくてはならないのか。

生まれてきた理由を探し求めているのです。

そして、誰もが悩み苦しみます。

自分の行くべき道を探し求めて。

運命は人として決められた道があるのです。

人はそれに気づいている部分もあれば、気づいていない部分もあり、また気づいていても道を見失っていることもあります。

またそれを認めることが出来ない部分もあるでしょう。

決められた道があるとしても、色々な差し障りのため決めていけないのが現実なのです。

自分の我や欲望、周りの人間との関係などを理由に決められないのです。

果たしてそれで納得できるのかといえば、最終的には納得できないのです。

今はそれでもいいと思っていても、死の間際に気づくのです。

ただ、それでは遅いのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『分かれ目』
今日の言葉

ないものではなく、あるものに焦点を当てる

自分が持っていないものではなく持っているものに焦点を当てる

自分がいかに満たされているか、豊かであるかを感じるとき

無限の可能性は開かれる

河本隆行


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



嬉しそうな人、幸せそうな人、そういう人々を見て、どう思うのか。

微笑ましいね
いいね
自分まで幸せになるね

そういう風に、他人の喜びや幸せを自分も喜びや幸せに感じられるでしょうか。

それとも…

ふん、勝手にしてれば
幸せなんて幻想だよ
不幸になればいい

そういう風に、僻み・妬み・嫉みを感じるでしょうか。

後者のような捉え方、感じ方の人に幸せが来るでしょうか。

人間は「楽しむ人生」と「喜ばしい人生」の違いを知らなければなりません。

楽しむ人生、それは自分の好きな事(趣味等)をする生き様。

喜ばしい人生、それは人の喜びや感動を喜ぶ生き様。

人生、楽しく明るく生きなさい、自分が喜ぶように生きなさいというと、どうしても「楽しむ人生」という風に捉えます。

しかし、「自分=人間の自分」ではありません。

自分が喜ぶとは、己の中の魂が喜ぶという事です。

そう説明しても、人間は自分の都合に合わせて勝手な解釈をします。

結果、魂が喜ぶ(喜ばしい人生)ことではなく、自分が面白おかしい(楽しむ人生)ことをしてしまいます。

趣味等の世界に没頭してはいけないという訳ではなく、そういう世界でも魂が喜ぶ自分があれば良いのです。

先の捉え方の例でも、僻み・妬み・嫉みを感じて魂が喜ぶのならばそうすればいいのですが、多くの人と出会ってきましたが、そういう心を喜ぶ魂なんてありません。

むしろ、そういう心は嫌われます。

嫌いだからこそ、そういう捉え方をしないようにと様々な警告を発します。

それは決して幸せな事ではありません。

警告してもらえる事自体は幸せな事(見捨てられていないから)ですが、起こる出来事は辛く、苦しい事ばかりです。

人間、どんなに努力しても、こういう心のあり方が運を左右していくのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『チャンス』
今日の言葉

つらい事が多いのは、感謝を知らないから

苦しい事が多いのは、自分に甘えがあるから

悲しい事が多いのは、自分のことしかわからないから

心配する事が多いのは、いまを懸命に生きていないから

石川洋


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



病気や不幸、そういうものを望む人はあまりいないと思います。

できれば遠慮願いたいものなのですが、それでも病気や不幸な出来事に出会う事があります。

そういう時、病気や不幸な出来事に対してどう思うでしょうか。

なんでこんな事になったんだろうか、このまま良くならないんじゃないか、そういう風に悲観的になる事が多いのではないでしょうか。

悲観的になってしまうのが普通なのかもしれませんが、悲観的になったとして、それで何か良い方向に変わるでしょうか。

いつも言うように、悪い事は形になりやすい(現実化しやすい)ものですから、良い方には転ばないのです。

悲観的になりそうな自分を前向きに持っていくためにも、病気や不幸な出来事がなぜ降りかかってきたのかを知らなければなりません。

生活習慣や環境というのもあるでしょうが、ほとんどが自分のあり方の誤りなのです。

要するに、「あなたの生き方は本来求められているものとは違う」と言われているのです。

言葉として伝えられないから、病気や不幸な出来事として伝えられているのです。

という事は、困難な出来事に出会った場合、自分の生き方や心のあり方、そういうものを見つめ直し、修正していく事ができれば、必ず改善できるのです。

病気や不幸な出来事があったとしても、それをチャンスと捉えられるかどうか。

悲観的に一日を送ろうと、前向きに一日を送ろうと、一日は一日です。

ただ、未来は違ってきます。

同じ一日を送るのなら、明るい未来を目指したいと思いませんか。

明日へ繫げようと思いませんか。

商売や仕事などでも、ピンチはチャンスと言いますよね。

人生だってピンチはチャンスなんです。

そのチャンスを掴もうと動く者にだけ、掴む可能性が生まれるのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『気付かない魅力』
今日の言葉

私たちは物事をあるがままになんて見てない

見たいように見ているの

アナイス・ニン


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



人それぞれに、その人にしかない能力や資質、魅力があります。

しかし、自分が持つそれらに気づかず、別のものを欲してしまうのです。

人は、自分が思うほど、自分の事を知ってはいないのです。

自分の役割を知らず、自分の能力、資質、魅力を知らずに生きているのです。

もし気づいたとしても、それらが自分に何の利益(現実的な)ももたらさないとすると、無駄なものだと思うのです。

誰もが医者ではこの世は成り立たないように、見えない部分でもみんなが同じ役割では成り立たないのです。

人の努力である程度は他人の物真似でいけるのですが、それはあくまでも物真似なのです。

本当の自分ではないのですから、限界があります。

人は自分の頭で様々な事を考える事ができます。

それは素晴らしい事なのですが、ただそれが「自分」というものを本来とは違う方向に向かわせてしまう事もあるのです。

道に咲く草花が、「私はバラになりたい」といきなり変わる事はありませんし、そんな事は考えもしないでしょう。

しかし人間は、たとえ自分が「スミレ」だとしても、それを受け入れずに「バラになりたい」ともがいているのです。

スミレがバラになる事はできません。

スミレにはバラにはない美しさあるのですが、それを知らずに、バラの華やかさを求めてしまうのです。

しかしどうやってもバラにはなれません。

結局は、スミレの美しさも表現できないまま、終わってしまうのです。

自分の持つ能力や資質、魅力等を知る事、それを忘れて、ないものを求めても、結局は何も得る事はできません。

私はバラにはなれないけど、スミレの美しさを追究してみせる、となれるかどうか。

あなたはすでに素晴らしいものを持っているのです。

ただ、それを知らずに生きているだけなのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『信じる』
今日の言葉

やりたいことはとにかくやる

そのほうが、人生は楽しい

安西水丸


ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^) FC2 Blog Ranking



今、世の中には「信じれば救われる」という概念があります。

これは半分はその通りで、半分は間違いです。

救われるとするのならば、それは「正しい事だから」なのです。

故に、「正しい事を信じ、行えば、救われる」という事を理解しなければならないのです。

ただ、何が正しいのか、それが判らないのです。

一番は、自分が何のために生まれてきたのか、それを求める事です。

それに伴い、様々なものがあるのですが、基本はたった一つなのです。

また「信じる」という事も、人が思う以上に深いものです。

何をもって信じるのか!?

他人の言葉ですか?

それとも自分の感覚ですか?

人は「信じろ」と言いますが、「信じる」と決めるのは自分です。

自分の「信じられる」という感覚を信じるしかないのです。

ところが、人は疑うのです。

自分の感覚や「信じる」と言った言葉を、自分で疑うのです。

自分の感覚を疑う事は、自分を否定する事です。

それが正しい事かと言えば、正しい事ではないのです。

自分が自分を否定する人は、それだけで自分の存在価値を下げているのです。

それで良い方向に向かうはずがないのです。

真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。