美しい明日は晴れ
心と意識が織りなす人間模様。いずれを選ぶにしてみても人生かな。 ※掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『必然』
futta2726m.jpg



今日の言葉

弱い者ほど決して相手をゆるすことができない

ゆるすということは強さの証だから

マハトマ・ガンジー



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




出会い頭の事故。

一秒、いえ一秒以下でもズレがあれば、決して起こる事のなかったものでしょうが、なぜかピッタリのタイミングで起こるものです。

そう、まるでパズルがピッタリと合うように。

出会い頭ではなくても、事故というものは一秒違えば起こらなかったものが多いのです。

なぜだか導かれたように型にはまってしまう、これを不思議と思っているだけでは面白味がありません。

面白味というと不謹慎かもしれませんが、事故一つにも何かしらの意味があるのです。

パズルの視点ではどれとどれが合うものなのか判りませんが、パズルを上から見れば、これとこれが合いそうだ、と見えてくるものがありますよね。

事故だって、上から見て、この人とこの人と結び付けられている可能性があるのです。

何のために?

何も苛めようとしているわけではなく、事故に合っても生きている場合は何かに気づかせようとしているだけの事です。

人は人間の自分だけの欲望を満たすために生きていますが、人間の存在理由はそんな事ではないのです。

あなたの心の中に広がる様々な夢や希望、その中には魂の想いと重なるものがあります。

その重なる想いを実現させるために生きているのです。

それを無視している時には、罰といえば罰かもしれませんが、災難に見舞われる事もあるのです。

その一つが事故であるのですが、被害者になれば加害者を恨み、加害者になれば自分を恨み、悔い、それで終わってしまいます。

まさかそこに何かしらの隠された意味があるとまでは考えは及ばないのです。

少し落ち着いた頃にでも、考えられるかといえば、運転に気をつけるとか、そういう方面では考える事はあるでしょうが、そこで終わりですよね。

偶然というものはなく、全てが必然であるのです。

しかし、何が必然なのか、それを探し出せなければ、偶然で終わってしまうのです。

そして、見つけ出せなかった原因を知らないままであるのなら、事故は形を変えて何か別の「きっかけ」として未来で待ち構えているのでしょうね。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『人間の弱点』
今日の言葉

間違いを犯したとき

あるいは手落ちがあったときには

潔くそれを認めよう

キングスレイ・ウォード



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




魂は人間の全てを知っています。

魂はその存在を人間に気付いてもらうためには何でもします。

その人間の弱点を知り尽くしているのですから、その弱点を必ずついてきます。

理不尽だと思うような出来事が自分の身に起こったとしても、それは人間から見れば理不尽でも、魂から見れば理に適っているのです。

魂は人間を守るはずなのに、なぜその人間の弱点を責めてくるのか、と思うのは人間の捉え方です。

あなたが魂だとして、人間が気づいてくれないのに、ただ黙っていつまでも守ろうとしますか。

あなたが魂だとして、魂の思いを無視して、人間だけが面白おかしく生きていても、何も言いませんか。

人間サイドの捉え方だけでは、「なんでこんな事に」と思うのですが、そうなった元は人間にあるのです。

辛く苦しい出来事に遭遇するのは、自分に何か気づかなければならない事があるからなのです。

そして、その火の粉は、何も自分だけに降り注ぐのではありません。

あなたに子や孫、愛する人がいるとして、時に自分自身ではなく、そういう愛する人に問題が生じる事さえあるのです。

なぜなら、それがあなたの弱点だからです。

自分自身の辛さや痛みには強い人でも、愛する者となると別です。

代わってやれない故に、辛さや苦しみは増すのです。

弱点をなくしていく努力よりも、魂を知っていく努力の方が、判り難い部分はあるとしても、根本的な解決に繋がっていきます。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『魂と人間』
今日の言葉

人生はたった一回きりである

あの世などどうでもよい

単なる安穏無事な生活を送るより

この世で何事かを成し遂げんと冒険を試みるほうが

人生にふさわしい

セオドア・ルーズベルト



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




人は神という存在を知りません。

知っているのは、人間の都合に合わせて作り上げてきた神でしかないのです。

この世を創造した神、そしてその神から預けられた神(=魂)については、何も知りませんし、何よりもその存在さえも認めていない(気づいていない)のです。

この世を創造した神については、捉えられない部分もあるかもしれません。

しかし、魂については、あなたが生きている、その源なのです。

生命については、まだ捉えやすいものがあるのではないでしょうか。

まずは、そこから始めるのです。

神とか魂とか、そんな事は知った事じゃない、なんて思う方もいらっしゃるでしょう。

付き合い方を知らないのですから、怖さも知らなければ、知らない事が罪であると言われてもピンとこないのでしょう。

でも、そんな方でも生きています。

自分の意識で心臓を動かし、血を巡らせているのでしょうか。

そんな事はありませんよね。

寝ている時も、また全く意識していない時も、ちゃんと心臓は動いています。

それは肉体の仕組みだけではないのです。

魂という存在がちゃんと管理しているのです。

それに気づかせようとする現象も、誰にでも起こっているのです。

過呼吸の女性がよく私の元に訪れますが、医学的な対処も必要な方もいらっしゃいますが、多くは「魂がある」という事を知らせようとしている現象の一つなのです。

それ故に、「あなたの中には魂という神が存在し、あなたを守ると共に、あなたも魂を守っていかなければいけない」というような話をするだけで、過呼吸が治るのです。

不思議だと思うかもしれませんが、それは知らないから不思議に感じるだけで、知っていれば不思議でも何でもないのです。

魂は、他人のために存在するのではなく、宿る人間だけを見ているのです。

それが一方通行になっているから、気づいてもらおうと様々な事が起こっていくのです。

「本当に存在するなら証拠を見せて」と思われる方もいらっしゃいますが、それは知らないから出てくる言葉なのです。

人間は、魂のために存在するのです。

ですから、魂から人間に近づくのではなく、人間が魂に歩み寄るしかないのです。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆







テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『言葉』
futta0561m.jpg

今日の言葉

他人が私の正当な権利を侵害しないかぎり

たとえ他人の行動が不満でも

他人でなく私が変わるべきだ

ジェリー・ミンチントン



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




口から出た言葉は、取り消す事ができません。

言った人、言われた人が忘れてしまったとしても、その言葉は消えてしまうことはないのです。

何を言ったのか、その内容にもよりますが、必要に応じて、後々にも影響があるのです。

それ故に、言葉には十分気をつけなくてはいけません。

言葉は何かの支障がない限りは、簡単に口から出てしまいます。

心掛けていなくては、つい口から出てしまう、便利な反面、危険性も持ち合わせています。

特に、何かに興奮したような状態の時には、感情のコントロールが効かなくなってしまうので、自分でも何を言ったのか覚えていない事があったりします。

喜ばしい事ならばいいのですが、愚痴や悪口、思い返しても「言わなければよかった」と思ってしまう事も、感情が暴走してしまうと、止められないのです。

もちろん、言わなければいけない事は言うに限りますので、何もかもを押えてしまう必要はありません。

言っている事が真実であるならば、たとえ相手が腹を立てたとしても、相手の問題なだけです。

逆に、相手の言葉が真実だとして、自分がそれを認められないと言葉で返す、または言わなくても腹の中に溜め込んでいれば、素直ではない、謙虚ではない、という事で、自分に何かしらの影響がありますよ。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『感情』
今日の言葉

どんな学問や研究も

それ自体をどう使えばいいかについては教えてくれない

その一方、現実世界をよく観察すれば

学問によらずとも学問にまさる知恵を身につけることができる

フランシス・ベーコン



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




人は気を許した者には全てをぶつけようとする場合があります。

親しい友人、恋人、家族など、気を許している故に、思わず自分の感情をそのままぶつけてしまうのです。

許してもらえるとか必ず修復できると思っているのですが(自覚のあるなしに関わらず)、相手も人間ですから、自分がイライラしたり、機嫌が悪い時があるように、相手も黙って聞き流せない、許せないと感じる瞬間はあるのです。

たとえ自分は相手が怒っていても冷静にいられるとしても、誰もがそうできるものではありません。

気を許しているから全てを受け入れて欲しい、また受け入れてくれるはずだ、それは都合のいい解釈でしかありません。

感情的になると、言わなくていい事を言い、しなくていい事をしてしまう、コントロールが効かなくなります。

許してもらえる、受け入れてもらえる、そういう勝手な思い込みから、つい感情をコントロールする努力を怠るのです。

些細な事から、人間関係にヒビが入ったり、最悪の場合は命を失う(または奪う)という事さえ招きかねないのです。

人は、友人だろうと、家族だろうと、一人一人の人間なのです。

しかも、その多くは感情をコントロールするという努力をしていないのです。

そんな者同士がぶつかり合えば、どうなるのかは、想像できるのではないでしょうか。

そしてまた、感情に流されてしまう、コントロールできない(しようとしない)自分があるのならば、そのツケはまた自分に戻ってくるのです。

どちらにしても、感情は、付き合い方を間違えば、思いもよらぬ不幸を導いてしまうのです。

特に、怒りには注意してくださいね。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆



【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『表情一つで』
今日の言葉

私は私の意見を述べる

それがよい意見だからではなく

私自身の意見だからだ

ミシェル・ド・モンテーニュ



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




パントマイムをする時には、まずイメージする事、そして意志を行動で表現するというような事を言っているのを聞きました。

そして、私達は普段からパントマイムをしているそうです。

驚きを声を出さずに体で表現したり、気分や具合が悪い時にも、人がパッと見ただけでも「今日は機嫌が悪そうだ」とか「どこか悪いのかな?」と感じる表現しています。

私達は、何気なく、その時々の気分を表現しています。

時には、気分や感情を抑えきれずに、人に不快な思いをさせる事もあるでしょう。

自分では気づかなくても、自分の中にある不満や不安が表に出てしまう事もあります。

別段嫌な事があったわけでもないのに、いつも不満そうな表情をしていると言われてしまう事があるなんて話もよく聞きます。

言われた方にしてみれば、何の事だか判らない、言い掛かりだと思いたくなるものがあるかもしれませんね。

でも、そういう風に見えるのならば、自分が心掛けていかなくてはいけないのです。

原因を知る事も一つですね。

人間は、人間の自分だけを満足させて生きていけばいい、そういうものではないのです。

自分の中にある理想・夢、中には自分自身でさえも気づいていないものもあるでしょうが、何かしらの想いがあるのです。

それを表現しない場合には、想いだって不満を持つかもしれません。

表現されない想いの不満が、知らず知らずのうちに、外に出てしまう事だってあるのです。

もちろん、人間の自分が抱く不満がそのまま表現されているだけの場合もありますから、一概には言えませんけどね。

あなたは、人から「不機嫌そう」なんて言われたことがありませんか?

何気ないあなたの表情、行動に、あなた自身が気づかない何かが表現されている事があるのですよ。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆






テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『前へ進むために』
今日の言葉

人生のどんな状況にあっても

自分自身と対話し

この対話によってどれだけ得るところがあるか

自問することを忘れないことだ

エピクテトス



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




人間は、愚痴を言うために口を、悩むために頭脳を、痛めるために心を与えられているのではありません。

使い方を間違ってしまうと、辛く苦しい人生になってしまいます。

考え方を変えていくと、いつもなら愚痴を言いたくなる事も、悩みなくなる事も、傷ついてしまうような事も、何て事のないものになるのです。

考え方一つなのですが、どうしても今までの自分の考え方に固執してしまうのです。

しかし、それを壊せるのは、やはり自分だけなのです。

時にはバカにならなければ、自分を追い込んでしまいます。

守るべきは、面子とか世間体ではないのです。

人間、生まれ変わる事はありません。

あなたは、今現在生きているあなたで終わりなのです。

人生はたった一度しかないのですから、あれこれと悩んで、心や体を傷つけ、前に進む事ができなくなるなんて、もったいない話です。

不平不満、不便、そういう事は確かにあるかもしれませんが、そういうものに振り回されている事に気づかなければならないのです。

振り回されている人生は、辛く苦しいものではないでしょうか。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆






テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『誇り』
今日の言葉

私はよく人から

成功する秘訣を教えてほしいとか
どうすれば夢を実現することができるかと

尋ねられます

その答えは「自分でやってみる」ことです

ウォルト・ディズニー



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




自分の志や職業等、誇りを持てることは素晴らしい事です。

そしてその誇りは、決して他人には傷つけられないものなのです。

もし、あなたが誰かに誇り(プライド)を傷つけられたと思う事があったなら、それは誰かが傷つけたのではなく、自分が傷つけているに過ぎないのです。

誰かの言葉や態度、そういうものに対して、自分がただ勝手に腹を立てたり、落ち込んだりしているだけの事なのです。

これは誇りだけではなく、直接肉体的に傷をつけられる以外は、ほとんどの事に対して言えるのではないでしょうか。

同じ言葉を投げられても、傷ついたり、腹を立てたりするかどうかは、その人によって違います。

誇りを傷つけられたと思っているかもしれませんが、その程度で傷がつくような誇りなら捨ててしまう事ですね。

そうでなければ、形ばかりの誇りに振り回されて、結局は何も形にはできないのです。


他人から見ればつまらない事であったとしても、それが自分の誇りであるならば、貫けるだけの意志を持たなければならないのです。

成功者の多くが、成功する前は「そんな事をして無駄な」とか「成功するはずがない」と罵倒される事があったとよく耳にします。

それに対して、いちいち反応している時間があるなら、その時間を自分のために使うほうが賢明ではないでしょうか。

これもまた、訓練なしにできる人は少ないのです。

しかし、訓練次第では身についていくのです。

可能性は平等にあるのですが、その可能性を手にできるまで続けられる人は少ないのです。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『輪廻する魂』
今日の言葉

結局心の傷というものは
自分で治すのが一番なのです

それを最近は
何か他人が癒せるかのように思ってしまいがちです

養老孟司



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




魂は輪廻します。

何度か(9回ほどと考えられる)この世に投げ出され、人間に宿ります。

1回目の魂と9回目の魂では当然違います。

1回目は新入生のようなもので、何だか判らないという状態ですし、輪廻のチャンスもまだ残っています。

しかし9回目となると、前の8回で様々なものを吸収し、何のために人間に宿るのかも判っていますし、また後がありません。

故に9回目の場合、魂も必死になります。

夏休みの最後の日に必死に宿題を片付けている子供と似た感じですが、宿題なら出来なくても怒られるだけかもしれませんが、魂は怒られるのではなく消滅するのですから、よりシビアになります。

宿る魂の輪廻の回数、また自分の宿る以前の人間がどれだけ魂を育んできたのか、それによって、今現在生きている人間に少なからず影響があります。

魂の話なんて関係ないね、と思ってもあまり影響のない人もいます。

逆に、魂とか人生とか真理など、そういうものから逃れられない人もいます。

前者のような方も本当は知っていく方がいいのでしょうが、問題は後者の方です。

人間本人は、理解できない、判らないと逃げ腰になっても、逃がしてはもらえないのですから辛いのです。

魂なんて目に見えない事なのに…と思っても、「ある」ものは「ある」のです。

それ故に、目に見える部分、つまりは現実に、様々な不都合が生じるのです。

不都合が生じる事でしか、人間は人生について、生命について、考えようとしないからです。

私の元に訪れる方の大半は、後者の方ですね。

魂が導くというと何だか胡散臭い話ですが、人との出会いというものは、人間の意思だけで繋がっているのではないのです。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『自分を高める』
0548.jpg


今日の言葉

物事をややこしくするのも 簡単にするのも 自分次第さ

(映画「モンタナの風に吹かれて」より)



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




ほぼ毎日、こうやって書いていると、その時々に書いている自分が気づく事があります。

何を書くのか、それはその時感じたままに書く事が多いのですが、書いたその内容を確認するような出来事に出会ったりする事で、指針ともなっているようです。

また、読まれている人でも、同じような事があるようで、ちょうど悩んでいた事に対する答えが書いてあったとか、例えと同じような状況に出会ったなどの声を聞くと、これまた不思議な事だと感じます。

しかし、これは何も特別な事ではなく、私達は何気なく生活している中で、同じような事をいつも目の前で見ているのです。

ただ、そこに意識をもっていっていない故に、気づけなかっただけなのでしょう。

普段、生活に追われて「自分の人生」についてや「生き様」について考える事は少ないかもしれません。

一日5分でも10分でも、そういう時間を作っていくと、普段の生活の中でも新しい発見がありますよ。

一つ一つがまた刺激となって、自分を高めていく事に繋がっていきます。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『振り回される自分』
今日の言葉

我々の人生は我々の後にも前にも、側にもなく、我々の中にある

ジャック・プレヴェール



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




何事にも捉われない自分を作り上げなさい、と言われても、すでに何かに捉われているのですが、そこから抜け出すにはそれなりの努力が必要になります。

特に病気になってしまった場合など、どんなに「忘れなさい」と言われても、脳裏から離れない恐怖があるのです。

しかし、不安というものに振り回されている以上、そこから抜け出す事はできません。

病気の怖さは、その原因そのものもありますが、それ以上に心の状態に大きな影響があります。

これは病気だけに限った事ではありませんが、病気の場合は特に大きく結果に影響するのです。

ちょっとした不安でも、心に傷をつけます。

心に傷かつくと、それが肉体にも移ります。


それこそ、病気の原因を取り除いたとしても、心が安心できないようでは、また新しく病気を作る事もあるのです。

そういう場合は、医学的な原因を取り除いても、決して良くなる事はないのです。

それほどに、心と体は密接な関係にあるのです。

ですから、何かに捉われて心を傷つけていると、肉体的に不調が出てきたり、物事がことごとくうまく回らなくなるのです。

捉われない自分というものを求められているのですから、その部分を修正していく事でしか、全ての事が解決しないのです。

もちろん、何か目標を持ち、そのために動いている時などには、譲れない何かがあるかもしれません。

その譲れない何かを形にするために努力する事は重要な事ですが、注意点は、それに振り回されない事なのです。

そのためにも、努力=苦痛ではなく、楽しみとしていく事です。

振り回されるとは、うまくいかない時に落ち込んだり、腹を立てたりする事なのです。

病気に話もしましたが、なってしまって「捉われないように」と頑張るのは本当に大変な事です。

ならないに限りますが、そのために必要な事は、健康管理もそうですが、「素直さ・謙虚さ・感謝」という3つの基本と「怒らず・驕らず・怠らず・優しく・美しく」の五訓なのです。

これはいつも読んでいただいている方は耳にタコができるほど見聞きしているでしょうが、何度でも書いていくのは、知っていると実践しているは違うからです。

何度も見聞きしていくことで、一人でも実践してもらえればと思います。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『魅力』
今日の言葉

物事は自分の思うようにはならない

少しぐらいのことは黙って耐え忍ぶように心掛けよう

無言というありがたい贈り物を身につけるように努力せよ

ウィリアム・オスラー



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




言葉や態度、表情、そういうものは、自分では気づかないけれども、他人に多くの影響を与えます。

そしてそれが跳ね返って自分に戻ってくるのです。

売り言葉に買い言葉、なんて言いますが、それだって投げたものが投げ返される(逆もまた然り)だけのことです。

自分は投げられたとしても返さない、と思っていても、人も同じとは限りませんから、不用意な一言が大きくなってしまう事は多々ありますよね。

ちょっとした心掛け一つで、人間関係も物事もスムースにいくのですが、気づいていない故に心掛けられない部分はあるのでしょう。

それ故に、身近な人があなたに苦言を呈してくれるならば、それは非常にありがたい事なのです。

自分では気づかない、判らない部分を、客観的に指摘してもらえる、それは相手があなたに対して少なからず期待しているのです。

どうでもいい人に対して、貴重な時間を割いて、ましてや「嫌な人」と思われるかもしれないのに、苦言を呈してくれるでしょうか。

何かを言われるという事は、言われるだけの要素がどこかにあるのです。

自分は気づかないとしても、何かしらの要素が見え隠れしていて、それを感じ取った人が言ってくれるのです。

言われた事に対して、苛立ちを感じたり、余計なお世話だと思う、または気にし過ぎて身動きが取れなくなったり、落ち込んだりせず、「これを気をつければ一段と魅力的な自分になれる」と前向きに受け止められるようになるといいですね。

全員が全員、前へならえで同じである必要はありませんが、基本的な事を身につけたうえで初めて個性となっていくのです。

昨日よりも今日、今日よりも明日、肉体は衰えるとしても、あなたの魅力は日々増していけるのです。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『何のために生きるのか』
futta1023m.jpg


今日の言葉

頭と心はしばしば衝突するものだが

感情のままに行動すれば何もかもが狂いだす

自分を制御できなければ自分を助けることはできない

バルタザール・グラシアン



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




他人の喜びや笑顔を見て、自分も喜びを感じたり、笑顔になる。

それは人間の自分だけが求めているのではなく、己に宿る魂もまた求めている姿なのです。

魂を喜ばせるがために、人間はその肉体を駆使して、人の喜びや笑顔を求めるのです。

その手段がどういうものなのか、それは人それぞれにあるのです。

そして、そういう生き様を続ける事が「人は何のために生まれて、何を成さねばならないのか」に繋がっていくのです。

ですから、言葉として「人は何のために生まれて、何を成さねばならないのか」と聞くと、難しいような、何か偉大な事をするような、そんな気がするかもしれませんが、人の喜びや笑顔に繋がる事だとすれば、何か一つでも思い当たる事があるのではないでしょうか。

仕事であろうと、家庭内であろうと、また個人的な人との付き合いの中でも、物を与えて喜ばせるのではなく、あなたの一つの言葉、一つの行動、一つの態度、一つの表情、そういうものの中で、人を幸せな気分にできる事はあるのです。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆




テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『感情』
今日の言葉

理想はわれわれ自身のなかにある

同時に

理想の達成を阻む諸々の障害もまたわれわれ自身のなかにある

トーマス・カーライル



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




イライラしたり、怒ってばかりだったり、落ち込んで沈んでいる時、あなたの心はどんな感じですか。

またそういう時の体調や物事の結果は、どういうものなのか、考えた事がありますか。

思い返してみてください。

怒りで胃が痛いとか、落ち込みすぎて人生がイヤになったとか、また普段と変わらない周りの人の対応一つでも気に入らなかったりしませんか。

そういう状態が、あなたがいつまでも浸っていたものでしょうか。

そういう状態が好きな人も、もしかしたらいるのかもしれませんが、多くの人はそんな状態を好んでいるとは思えません。

人間は感情を持つ生き物です。

そしてまた、その感情に振り回されて生きてしまう生き物なのです。

その結果、自分が居心地の悪い状態や体調不良を作り上げているのです。

ならば、その感情をいかにコントロールしていくのか、それを身につけていけば、わざわざ自分から悪い状況に身を置くことはないのです。

もちろん、そうする事が自分のためになるのだと理解していなければ、ただの我慢でしかなく、どっちにしても(感情をコントロールしようがしまいが)うまくいく事はないでしょう。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『自分らしさ』
今日の言葉

人生のあらゆることを

それが最後だと思って行いなさい

マルクス・アウレリウス・アントニヌス



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




「神技」という言葉を聞いたこと、言ったことがあるかと思います。

人の力を超えた「何か」を感じてそう言うものなのか、何気なく使っている言葉ですが、神技というものを身につけている人を見ると色々と考える事があります。

神=魂であると、私は魂の事を「神」と表現する事があります。

神というと、どこか神社仏閣などの特別な場所にしかいないように受け取られますが、私のいう神は、一人一人の中に宿っています。

常に神と共にある、神は天ではなく、神社仏閣ではなく、自分の中に生まれた時から「ある」のです。

勘違いしては困るのですが、神が宿るから特別なわけではなく、何かご利益があるわけでもありません。

ただ、自分が自分らしく、毎日の生活の中で喜びを感じ、それを表現し、生き生きとしているならば、何かしらの思し召しがあるかもしれません。

神技というものを身につけた方などは、魂の望む生き様と人間の歩む生き様がうまくマッチして、魂+心(人間)=神技という形になっているのです。

自分が自分らしくと書きましたが、あなたのあなたらしさって何でしょうか。

働かなくても仕事には困らない、24時間365日、何をしても良いと言われて、あなたは何をしますか。

最初は遊んだり、気の向くままの生活であったとしても、そんなものはある程度で飽きてしまいます。

親としての自分、社会の一員としての自分、そういう殻を脱いだとして、あなたは何をしたくなるのでしょうか。

今までそんな事を考えたこともないかもしれませんが、自分らしくありたいと思うものがあるのならば、まずはそこを見つめていかなければ、生まれてきた意味を見失ったまま一生を終えてしまいます。

先に書いた思し召し。

神技を身につけた名医の方などは、一般の人からは想像も出来ない疲れ(肉体的にも精神的にも)を背負っているはずなのに、どこか若々しさやエネルギーを感じますよね。

それが一つの思し召しなのです。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『ヒトリゴト』
web-160.jpg

今日の言葉

夢は向こうから近づいてこない

追いかけるんだよ

(映画「カリートの道」より)



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




この世の仕組みというものを知っていこうと一歩足を踏み入れると、人によって様々な出来事が起こります。

急に独立したにも関わらず、それなりに順調な人もいます。

ウツの症状が出ていたのに、毎日が楽しくなった人もいます。

本人達が口を揃えて「不思議なんですよ」と言います。

ただし、良い事があるから学ぶわけでもなく、また学ぶから良い事があるわけでもありません。

その点を捉え間違えると、途端に枠から弾き出されて、元に戻るのです。

神や仏、魂、そういう存在は人間の役に立つために存在するわけではありません。

学ぶから健康になれるとか、仕事がうまくいくなんて事はありません。

ただ、学んでいく中で、本来の自分(人は成長する中で少しずつ汚れていくのです)を取り戻し、夢や目標に邁進したり、毎日が楽しく感じるのです。

その結果、元気になったり、仕事がうまくいく事があるかもしれませんが、それはあくまでも「オマケ」のようなものなのです。

「オマケ」はそれなりの魅力もインパクトもあるのですが、所詮は「オマケ」でしかありません。

「オマケ」にばかり目を奪われてしまうと、最終的には元に戻ってしまうのですが、そこまでの理解はできないままなのがもどかしいところですね。



悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『心がけ一つ』
今日の言葉

人生において

その人の性格は

その性格にふさわしい事件を引き起こす

太田哲也



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




今日の言葉にあるように、人それぞれの持つ性格というものが、未来というものを作り、事件が起こるという事は(事件というと大袈裟かもしれませんが)、どこか自分の性格を見つめ直し、改善しなければ、同じような事件がまた起こるのです。

性格、それは元々持ち合わせていた本質である事もあれば、育っていく過程で染み付いたものもあります。

改善すべきはどの性格なのか、伸ばしていくのはどの性格なのか、その判断ができないのかもしれません。

しかし、判らない、できないと言っている目の前では、様々な性格の人がその性格がどういう風になるのか、ちゃんと見せてくれているのです。

ですから、判断できないのではなく、判らないのではなく、やろうとしていないだけなのです。

様々な苦難に出会い、それを乗り越えた人の著書であったり、テレビ番組であったり、そういうものを目にした時、他人事だと流したり、ただ単に同情的に観ているだけではなく、何か気づく事がないかと心掛けてみると、自分にも当てはまる事があったり、気をつけなければならない事があったりするのです。

更には、日常生活の中においても、普段何気なく関わっている人たちの中でも、何か気づく事はあるのです。

自分の人生をより良いものにしたいと願う人は多くても、そのために何かをしている人は少ないものです。

その気になれば、ヒントは山のように目の前にありますし、それに気づけたならば、次はいかに改善するのか、やってみれば何かしらの結果が出てくるのです。

確かに、人生をより良くするため、何て言うと堅苦しく、難しい事のように感じるでしょうが、たとえば「普段仏頂面だと言われるから笑顔の練習をする」という事でも、そのことに対する答えは出てくるものなのです。

やらずして変化はありません。

結果が出ない、そんな事はないのです。

結果ができるまで続けられないだけなのではないでしょうか。



悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

お知らせ
こんにちは。
昨日は日記をアップできませんでした。
ここ数日、ルーターの調子が悪いようです。
できる限りアップしていきますが、ルーターの調査及び修理が終わるまではご迷惑をお掛けします。
よろしくお願い申し上げます。
『心に栄養を』
今日の言葉

我々は幸福になるためによりも

幸福だと人に思わせるために

四苦八苦しているのである

ラ・ロシュフコー



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




人間、生きていくには生活を支えるために働かなくてはいけません。

しかし、働く事が生きる事ではありません。

仕事の中に生き甲斐を感じる、これはあるかもしれませんが、大抵の人は生活を支えるために働いています。

ところが、生きるために働いていたはずが、気づけば働くために生きていたりするのです。

多少なりとも、働く中で、喜びというものを感じられる人であればいいのですが、不満を感じたり、ただ機械的に仕事をこなしている場合には、忙しくなるに従ってエネルギーを失っていきます。

疲れやすい、一晩寝ても疲れが取れない、覇気がなくなる、病気なわけではなくても、どこか不健康な雰囲気を漂わせ始めます。

人は、何のために生まれ、生きるのか、という根本を忘れているのです。

仕事であっても、そこで喜びというものを感じられるのならば、失われたエネルギーを補填する事ができるのですが、それが出来ない故に、エネルギーは失われていく一方なのです。

エネルギー、それは食べ物を食べれば補填されるというものではないのです。

物理的には、外に出て、そこに太陽があれば、日の光を全身に浴びる事ができます。

しかし、心はどうでしょうか。

心がいつも日の光を浴びていられるような状態になっているのか(日の光というのは例えですが)、植物の光合成のように、心も日の光を浴びてエネルギーを得なければならないのです。

まずは悩みや苦しみを持たない事ですね。

そして、自分の喜ぶ事(娯楽等ではない)を知り、喜びや感動をどんどんと感じる事です。

無になれと言われても訓練もしていないのになれるはずがありませんから、喜びや感動により、悩みや苦しみを忘れ、心に少しでも日の光を当てられるように努力するしかありません。

仕事が大切、生活を支える、これは当たり前の事ですが、だからといって、自分の心身を痛めてよいというわけではないのです。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『目標』
今日の言葉

タイミングを制した者が勝利を得ます

もちろんそこには運や偶然もあります

けれどその運に自分が近づくためには

やはり一瞬一瞬の努力の積み重ねが必要です

ヒロ・ナカジマ



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




生きていく中で、目標を持つ事は大切です。

目標を持つという事は、そこに意志があるのです。

こうなりたい、こうありたい、そういう意志を形にするためには、目標を持つだけではなく、実行するしかありません。

行動がなければ、意志は形のないまま、宙ぶらりんになってしまいます。

実行していく中で、苦しい事や辛い事があるかもしれませんが、それはあくまでも他人から見て、苦しいだろう、辛いだろうと思われるだけです。

なぜなら、目標に向かって必死になっている人ならば、苦しいとか辛いとか、そういう事よりも、一歩ずつでも目標に近づいている喜びを感じるからです。

もし、目標に向かって頑張っている時に、苦しいとか辛いとか感じるような自分があるのなら、まだ必死になれていないのです。

考え方を少し変えるだけで、他人から見れば苦しい事、辛い事でさえも、何ともないと思えるようになるのです。

またそうならなければ、継続はありませんし、辛さや苦しさを感じているような状態では心と体を痛める事にもなります。

忍耐とか我慢とか、目標を達成するには必ずそういうものが必要になる時があるでしょうが、忍耐や我慢が目標ではなく、あくまでも途中で発生するものなのですから、それに振り回されないように自分を変えていけば、もっと楽しくなるのではないでしょうか。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆





テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『好きの裏側には』
今日の言葉

人生とは今日一日のことである

デール・カーネギー



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




恋愛をして、結婚。

あんなに好きで一緒になったのに、なぜか「どうしてこの人を選んだんだろう?」と思うような状況になっている人は意外に多いものです。

その中には、「人は死ぬまで向上しなければならない」というものを強く求められている人がいます。

どういう意味かといえば、相手が自分の鏡であり、リトマス試験紙のような場合があるのです。

たとえば、相手に怒りを感じるような場合、それは相手が悪いというよりも、怒りを感じる自分をいかにコントロールし、一歩、二歩と成長できるのか、という壁ですね。

好きになる、そのシステムは判りませんが、魂という存在を宿す故に、その魂が「この人を好きになれ」と信号を送っている場合もあるのです。

離婚という手段を選ぶのは自由なのですが、自分の至らない点を改善させるために相手を選んだのですから(自覚はないでしょうが)、それを改善できなければ、別の人と一緒になったとしても、また同じような結果が出てくる可能性が高くなります。

自分の意識だけで物事を判断しているという感覚しかないかもしれませんが、人間の脳というものを魂はいつでもどこでも操作できるのです。

信じられないと思うでしょうが、人間が信じようと信じまいと、これは変わらないのです。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『本来の心』
今日の言葉

究極の表現で言い表すとするなら

成功とは「自分の個性を最大限に発揮する」ことです

(オグ・マンディーノ)



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




つい見逃してしまうような些細な事の中に、予兆が潜んでいる事があります。

物事はある日突然起こるのではなく、小さなものから徐々に大きくなっていきます。

雪の上で、小さな雪玉を転がしていくと、徐々に大きくなっていくのと同じです。

最初は小さな雪玉なのですが、小さい故に、気に留めない、気づかないだけなのです。

良い事であれば、小さなものが大きくなっても問題はありませんが、悪い事ならば、小さいうちに気づいて、それなりに対処していかなければ、大きくなってしまってからではどうしようもない事があります。

外側から見た自分は自分では気づかない事もありますから、人の言葉に耳を傾ける事が必要です。

しかし、内側は他人にはわかりませんし、自分自身でも普段の生活ではわからないのではないでしょうか。

自分の心を自分で誤魔化す事があるのです。

座禅や瞑想などは、その誤魔化している自分を剥がして、自分の本来の心と見つめ合うための一つの手段なのです。

故に、座禅や瞑想中に寝てしまっては意味がありません。

無心になれと言われて「はい、今、無心です」といかない故に、訓練をしているのです。

その訓練の中で、自分に問うという事もやっていくと、少しずつでも本来の心に近づいていきます。

よく判らなければ、一日の終わりに鏡に向かってでもいいですし、胸に手を当ててでもいいですので、「今日の自分はどうだったか?納得して今日を終えられるか?」と問うてみるのです。

誰もその問いに答える事はありませんが、ふと「できた」とか「まだまだ」なんて感じるものがあります。

それが答えなのです。

空から、または頭の中で、「よくやった」とか「まだ精進が足りない」なんて声は聞こえないのです。(稀に聞こえる人もいますが、果たしてその声の正体はなんでしょうね。)

自問自答、いつも答えは自分の中にあるのです。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『生きているだけで幸せなんです』
今日の言葉

心に浮かべる思いは自分で選べる

ジェラルド・G.ジャンポルスキ



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




自分の都合を第一としているから、腹も立てば、(人や物事の)好き嫌いがあるのです。

腹が立つという事は、自分で自分を傷つけているという事なのですが、それさえも知らない(気づかない)のです。

好き嫌いにしても、ムラのある人だと思われるでしょうし、嫌いだと敬遠して得られないものがあるかもしれませんし、何より、嫌いな事をしなければならない時には、やはり自分を傷つけているのです。(我慢はその意味を知らなければストレスとなる)

自分を大切にしているのですが、その「自分」とは、都合であったり、感情であったり、結局はワガママなのです。

結果的に、大切にしている自分を傷つけ、時には命を縮めているかもしれないのです。


都合がある、感情がある、それは誰でもそうなのですが、それを第一としていると、思わぬ事になってしまいます。

なぜなら、自分がこの世に存在する意味というものから外れているからです。

都合も感情も、その時々の事、つまりはいつも変化しているのです。

地に足が着いていないという感覚なのですが、その感覚を認識できるのは、地に足が着いた時ですから、着いていない時は判らないものです。

しかし、どこか自分らしくないとか、心にポッカリ穴が開いたような感覚など、人それぞれに何かしら感じるものはあるのですよ。

それが、自分がこの世に生まれて、何かを成さなければならない、つまりは自分の存在意味から外れている感覚なのです。

読んで、聞いて、「判った」と思う人は少ないでしょうし、その「判った」でさえも、自分に都合よく解釈しているかもしれません。

今日のところは、都合と感情について、皆さんなりに向き合ってみてくださいね。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『試練』
今日の言葉

Don't think,feel.
(考えるな、感じろ)

(映画『燃えよドラゴン』より)



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




神が人間に試練を与える事はありません。

試練だと思っている事には何かの意味はあるのでしょうが、神が人間に試練を与えることはありません。

しかし、試練だと思う事で、やる気が出るのならば、それはそれで構わないのです。

ただし、その試練は神が与えたものではなく、自分が与えるのだと知っておくことです。

できない自分に対しての試練なのです。

易々とできる事を試練とは言いませんし、思いませんよね。

できそうにないからこそ、試練と言う(思う)のですから。

人それぞれに得意、不得意があります。

それは技術的な事よりも、気持ち、心に対してです。


たとえば、ある会社の研修で、人通りの多い駅前で「おはようございます」と大声で挨拶するというものがあります。

いとも簡単にできる人はいいでしょうが、恥ずかしいと感じる人にとってはそれこそ試練なのでしょう。

挨拶自体は、よほどの人でない限り、難しいものではありません。

問題になるのは、精神面ですよね。

こんな事をして人からバカにされる、白い目で見られると考える故に、できないものなのですが、それは我が身がかわいいからなのです。

それを「神の与えた試練」(この場合は大袈裟ですが)などとすり替えてはいけませんよね。

「神の与えた試練」というカッコ良く感じるかもしれませんが、言い換えれば「こうなっているのは神のせい」とも取れるのですから。

もちろん、向上心のある方の場合には、次のステップを上がるための試練というものがありますが、多くの場合は己の至らなさに対して己の課す試練でしかありません。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『本質の自分と現実の自分』
今日の言葉

心からなる愛は、与える場合に最も豊かであり

犠牲を云々するときには、それだけでもう真の愛ではなくなる

ガイベル



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




人間はその五感に頼り切っている一方で、時に不思議な経験をする事があります。

科学とか五感では説明できない、そういう経験を実際に自分がしていても、最終的にそれを受け入れる事はありません。

自分の知識、または科学的な根拠のない事に対して、人は興味を持つ一方で、実際に自分が体験したとしても、それを認める事はないのです。

なぜなら、認めてしまうと自分が作り上げてきた自分という存在が揺らいでしまうように感じるからです。

これは自覚のあるなしに関わらず、そういう風にしてしまうものがあるのでしょう。

認めようと認めまいと、自分の本質を知らないのですから、実はいつも揺らいでいるのです。

本質が「水」であったとしても、人はその時々に「雨」になったり「雪」になったり、時には「露」や「霧」となるのです。

雨と雪では感じ方が違いますよね。

もちろん、本質は「水」なのですが、現実的に見ると全く別物のように受け止められます。

魂という存在、それが人間の本質だとしても、人はそれを知りませんから、現実ではその本質の上に人間という皮を被っているのです。

水が雪や霧になるのと違って、魂という本質に覆いかぶさっている人間は関連性があることもあれば、ないこともあります。

本質がチューリップなのに、現実は百合と誤魔化せるのが人間です。

しかし、持っている本質はチューリップなのですから、百合になろうとしてもなりきれない部分があるのです。

その歪みが、どこかで生じてきます。

その歪みがどこに出てくるのか、必ずしも自分だけが影響を受けるわけではないのです。

夫、妻、親、祖父母、先祖、子供、はたまた叔父や伯母、自分の周りにいる大切な誰かに負担が回る事もあるのです。

特に「自分は我慢できる」タイプの方の場合は、自分ではなく、大切な人に影響がある事が多いのです。(自分の事なら我慢できるが愛する者の事は変わってあげられない)

本質の自分と現実の自分、そこにギャップのない生き様が望ましいのは、自分のためであると共に、周りの人たちのためでもあるのです。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『過ち』
今日の言葉

我が気に入らぬことが、我がためになるものなり。

鍋島直茂



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




人はこの世の仕組み、ルールというものを知りません。

知らない故に、様々な過ちを犯します。

知らないという事を盾にしても、許されるものはありません。


なぜなら、この世の仕組みやルールは、知らないと言いつつも、いつも見せてもらっているのです。

他人というお手本が目の前にいて、よくよく見ていけば、仕組みやルールの一端でも発見できる環境にあるのです。

「人のふり見て、我がふり直せ」なんて言葉がありますが、ルールブックや教科書がない代わりに、いつも私達は見せてもらっているのです。

良い悪いという基準は人それぞれに違いますから、自分の思い込みで良し悪しを判断してしまうと見えないものがあります。

自分の基準では「悪」であっても、うまくいく人はいます。

なぜなのかを自分なりに見つけていく楽しみを知ると、また面白いのではないでしょうか。

基本的には「素直・謙虚・感謝」と五訓に照らし合わせると判りやすいのではないかと思います。

ただし、それは人対人の間にだけではなく、この世に存在する全て(目に見える・見えないは関係なく)に対しての事です。

故に、人に対して良い人であったとしても、目に見えない部分に対しての過ちはあるのです。

そこまでいうと難しく感じるかもしれませんけどね。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『人は皆恵まれているから生まれてきた』
web-148.jpg

今日の言葉

ある程度までのところ、所有が人間をいっそう独立的に自由にするが

一段と進むと所有が主人となり、所有者が奴隷となる

フリードリヒ・ニーチェ



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02



他人の事を羨んではいる自分は、自分で自分に価値がないと言っているようなものなのです。

冗談や軽い感じで「いいねぇ」と言う程度なら問題はありませんが、心底他人を羨むようでは、この先自分が報われるとは思えません。

人それぞれに生まれた環境、育った環境は違います。

確かに「人も羨むような環境」なんてものもあるでしょうが、実際にその環境にある人が全員幸せとも言えません。

表面的には幸せそうであっても、他人の心の奥底までは見えないものです。

人も羨む環境にあるからこその悩みや苦しみも多いのではないでしょうか。

他人を羨ましいと感じている自分も、誰かからみれば、羨ましいものを持っているのです。

ただ、それに気づいていない、または気づいていてもそれでは満足していないだけの事です。

自分はこれでは満足できないというものがあれば、例えそれが欲望であったとしても、満足させるには、自分が動き、努力するしかありません。

それこそ、寝る間も惜しんで目的のものを手に入れようと動いてみれば、もしかすると手に入るかもしれません。

そんな事ができるようなら、他人を羨んだりはしないのかもしれませんけどね。

自分はどれほど恵まれているのか、それを感じられるような自分になって欲しいのです。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『心構え』
今日の言葉

性格は樹木のようなものであり、世評はその影のようなものである。

影はそれについてわれわれが考えるものであり、樹木は真物である。

エイブラハム・リンカーン



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




どんなに頑張ろうと、努力しようと、耐え忍ぼうと、自分がそうする事に対して前向きでなければ意味がないのです。

喜んで、それが自分のためになると、奮起できなければ、頑張りも努力も耐え忍ぶ事も結局は自分を追い込むだけです。

同じような事をやって、うまくいく者といかない者の差は、心構えなのでしょう。

嬉々として物事に向かえるような自分を意識することです。

嫌々では、何をやってもうまくいきませんし、更には自分を傷つける事になるのですからね。

同じ一時間でも、好きな人との一時間は短くても、嫌いな人との一時間は長く感じるものです。

それと同じなのです。

心を前向きに、そして考え方も前向きに変えるだけで、どんな事でも楽しくなるのです。

人は、楽しみを感じられる生き物なのですから、その部分を引き出していこうじゃないですか。

新しい生活が始まった方も多い時期でしょうが、慣れないゆえにストレスも溜まりがちになります。

そういう時にも、以前と違う、勝手がわからないと嘆かずに、新しい環境を楽しむように意識していくと、ストレスはそう溜まらないものです。

ちなみに、ストレスとは、自分の思い通りにいかないゆえに感じるものですよ。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆



【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

今日の言葉

この世においては汝の肉体が力尽きぬのに

魂が先に力尽きるのは恥ずべきことではなきか

マルクス・アウレリウス・アントニヌス



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




緑鮮やかな季節、今が一番「心の栄養」を得る練習に適した季節です。

心は、人間の様々な感情、また何かの悩みや苦しみにより、いつも傷つき、更に栄養不足の状態です。

砂漠化している心、その結果、不運だとか怪我や病気というものを招いているのです。

いつの季節でも、心に栄養を与える事はできるのですが、緑鮮やかなこの季節は、初めての人でもやり易いかなと思いますよ。

ふと花の美しさに目を奪われた瞬間、心は「からっぽ」になれます。

直前まで、恋の悩み、お金の悩み、健康の悩み、仕事の悩み、様々な事に痛めていた心は、からっぽになれるのです。

そういう瞬間に、心は栄養を得ているのです。

ですから、花や木が直接心に栄養を与えているのではなく、そういうものに触れた時に、心がからっぽになる事が多いから、花や木が心の栄養、と言っているのですが、それが判れば、どんな時でもからっぽにできるように練習する事で、いつでも心に栄養を与える事が出来ますよね。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。