美しい明日は晴れ
心と意識が織りなす人間模様。いずれを選ぶにしてみても人生かな。 ※掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『思い込んだら一直線…いい方に使えれば…』
今日の言葉

真面目とは実行するということだ

夏目漱石



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





人の思い込みには、その方向性によっては恐ろしいものがあります。

最近バッタリ出会った知人がまさに「思い込み」により人生の転機に立っていました。

その方の親族は、多くが「67歳」で亡くなっているそうです。

そして今、自分もその「67歳」に後一歩の所にいるそうです。

何も考えない人、気にしない人であれば、他愛もない話かもしれませんが、本人が「自分も67歳で死ぬんだ」と思い込んでしまっている場合には、笑い話ではないのですよね。

実際、その方も随分と覇気が失われ、「病気になったの?」と思われるような状態です。

しかし、病院での精密検査の結果は全く問題がないそうです。

肉体は健康そのもの(年からくる腰痛等はあるとしても)にも関わらず、半病人のような姿に改めて「思い込み」の力を認識しました。

こうなると、医者でも治せないのです。

本人がすでに自分の死期を決めてしまっていますから、後はそれに合わせるように肉体も衰えていきます。

以前書いたことがありますが、心が錆びれば、その心を入れている器(=肉体)も貰い錆ができてしまうのです。

医学的には健康そのものであっても、本人の思い込みにより、肉体、ひいてはその寿命までも影響を受けてしまいます。

声を掛けて変わるものがあればいいのですが、どんなに周りが「大丈夫」と言ってみたとしても、本人が自分の思い込みを離そうとしなければ、変わりようがないのです。

頑固さ、人の話に耳を傾けられない性格、そういうものが自分の命さえも削ってしまう、なんて事は健康なうちに知り、改善していくしかないのです。

思い込みにとり憑かれてしまった人に出会うたびに、いつも強くそれを感じるのです。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


お手頃価格でビジネスサイト運営者様をしっかりサポート!
さくらのレンタルサーバ ビジネスプロ

スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『人は皆、必要あって存在する』
今日の言葉

われわれにとって怠惰ほど有害で致命的な習慣はない

にもかかわらず、これほど身につきやすく、断ちがたい習慣もない

ジョン・トッド



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





人の心のあり様次第で病を引き起こす事があります。

生活習慣、その中には、食べ物、睡眠などの他にも、心というものも含まれているのです。

日々の生活の中で、心を傷つけているのです。

それが病という形になるには、多少の時間が掛かります。

故に、形になってしまう前に、いかに修正するのかで、未来は分かれていきます。


何が心を傷つけているのか、それが判らないのかもしれませんが、何となくでも「これかな」と思い当たる事があるのではないでしょうか。

たとえば、怒りや嫉妬。

他にも、自分を卑下する気持ちを抱いたり、自分の気持ちを押し殺すのも、どこか心を傷つけている可能性があるでしょうね。

明るくなれない、明日に希望が持てない、自分の存在が間違いだと思うなど、生きている事の素晴らしさに気づけずに、心を傷つけ、闇に押し込もうとしている人は多いものなのです。

皆、どこかで心というものを置き去りしてしまったのです。

子供の頃に抱いた夢や希望。

ワクワクするような自分を忘れてしまったのです。

代わりに、自分の存在を消してしまいたい衝動や起こってもいない不幸を思い浮かべるようになってしまったのです。

しかし、それは今からでも修正できるのです。

もう遅い、そう感じる人にはもう遅い事かもしれませんが、まだ間に合うという意志があれば、奇跡はいつでも起こるものなのです。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『自分』
今日の言葉

人生には損得を超越した一面

自分がこれと決めたものには命を賭けてでも

それに邁進するという一面があってもよいのではないだろうか

松下幸之助



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




「自分」とは何を指して「自分」と認識していますか。

肉体ですか?

意識ですか?

心ですか?

一言に「自分」と言っても何を指すのか、捉え方はいくつかあるかもしれません。

一般的に「自分」といえば、肉体と意識のワンセットかもしれません。

しかし、肉体と意識だけではなく、そこには「命」という存在がある故に、生きています。

その「命」というものがどんなものなのか、それがまた捉え難いものがあるのです。

つい私が「自分を信じなさい」と言ってしまうのですが、その「自分」が判っていない故に、間違えてしまう事があります。

「自分を信じて」というと、多くの人が人間の自分、つまりは自分の意識と肉体だけと捉えてしまいます。

自分の意識、つまりは損得とか、感情、私利私欲を意味します。

多くの欲望を果たすがために、その肉体を利用してしまうのです。

しかし、私のいう「自分を信じなさい」の「自分」とは「命と共にある自分」なのです。

命と共にある自分、つまりは魂と共にある自分なのですが、命も魂も形がないのですから、何を言っているのか判らないのかもしれません。

判りやすく言うと、感動とか喜び、そういうものを感じる元のようなものなのです。

自分=人間の自分となってしまうので、最近では「自分が信じなさい」と言った方が判りやすいかなと思っていますが、どうでしょうか。

「自分が信じる」

何を?

命(魂)の存在を。

そして共に歩んでいく意志を固めていくのです。



悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『不思議な出来事』
今日の言葉

騎るものは心ではなく、小さな頭脳である。

長与善郎



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





相談を受けてお墓を観に行ったり、家を観に行ったりした時、私だけではなく、相談者も様々な事を感じることがあります。

たとえば、墓石に触ってもらい、「どうですか?」と聞くと、「動いている」とか「上と下で石の温度が違う」など感覚的に何かを感じる事もあるのです。

実際に石が動いたり、温度が違うわけではなく、本人にそう感じさせる何かがあるのです。

それが本人の命、つまりは魂が何かを伝えようとするものなのです。

人間が信じている五感は、必ずしも実際に起こっている事だけを感じ取るのではありません。

見えないものが見える、聞こえないものが聞こえる、動いていないものが動いて感じる、ない匂いを匂う、違う味に感じる、その要因は様々ありますが、時に魂から訴えるものがそういう形で現れる事があるのです。

しかし、そういう事はいつも判るわけではありません。

魂は人間の召使ではありませんから、必要のない事は教えませんし、また教えているのに気づいてもらえない事ばかりだと次第に何も感じなくなります。

そして一番気をつけなければならないのが、人間の力ではないという事です。

何かがわかるようになると、つい調子に乗ってしまうのが人間です。

見える、聞こえる、そういう能力は魂があるからこそのものなのです。

それを勘違いしてしまうと、魂にそっぽを向かれてしまいます。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『エネルギー補填』
今日の言葉

自分の考えたとおりに生きなければならない。

そうでないと、自分が生きたとおりに考えてしまう。

エレミール・ブールジュ



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





仕事や家事等で一生懸命になるのは大切な事ですが、時に、一生懸命ではなく、仕事や家事等に振り回されて、ただ忙しいだけの毎日を送っている場合があります。

ただ忙しいだけの毎日を繰り返し、慢性的なエネルギー不足になってしまう人が多いですね。

忙しさに振り回されると、心の余裕がなくなってしまいます。

その結果、エネルギーを吸収するもの、メカニズムが失われてしまうのです。

失われるというよりも、忘れてしまうという方がピッタリかもしれませんが。

目の前の事に対して一生懸命になるのと、目の前の事に振り回されてしまうのとでは、意味が違います。

人は、どんな状況にあろうとも、自分の生き甲斐、つまりは自分の本質から離れてしまってはならないのです。

これは何度も書いてきたことですが、何かに熱中する、その「何か」が自分(人間の自分ではなく、自分の本質、つまりは魂)に沿うものがなければ、どこかで無理が出てきます。

そんな時に、自分の考え方をどう方向転換するのか、そのためにもエネルギーは必要になるのです。

まずは、何も考えない、ボーっとする時間を持つことです。

今の時期、桜の美しさや雲ひとつない空、鮮やかな新緑など、ぼんやりと見たくなる自然に溢れています。

本当はその先に「命」というものを発見して欲しいのですが、まずは何も考えずにぼんやりと見ているだけでもエネルギーの補填に繋がります。

疲れを感じる人は、生活習慣だけではなく、心や自分の本質(何に自分が喜びを感じるのか)についても考える事が大切です。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆



☆★☆マクロミル アンケートモニタ募集中☆★☆
市場調査に参加しませんか?アンケートに回答して、ポイントを貯めよう!
貯まったポイントは、イーバンク銀行口座へ換金したり、商品券に交換できます!

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『思いを行動に』
今日の言葉

たとえその目的が成就できなくても

その目的への道中で死ぬべきだ

司馬遼太郎 「竜馬がゆく」より



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





自分が良かれと思ってやっていることでも、他人からみればつまらないと言われる事もあります。

また多くの人が「ありがとう」と言ってくれる事でも、中には「余計なお世話だ」と言われる人もいるでしょう。

何か行動を起こすと、それに対して他人は様々な反応をしてくれます。

好意的な人、無反応の人、否定的な人、その反応に対して、自分がどう思うのかも様々です。

反応がなかったり、否定されてガッカリするのは、自分が自分の行動に対しての見返り、つまりは期待しているものがあるからです。

もちろん、褒められたり、声を掛けられたら嬉しいものです。

しかし、そういうものを求めて何か行動を起こしたのでしょうか。

たとえば、好きで自分の家の周りを掃除している人、「キレイになると気持ちがいいから」という思いがあるとしても、それに対して、「褒めて欲しい」とまで思っているでしょうか。

声を掛けられれば嬉しいでしょうし、やる気もUPするかもしれません。

しかし、多くの場合、最初からそういう事を求めているわけではないのです。

もし、そういう事を求めているのなら、誰も声を掛けてくれない、褒めてくれない、と不満を感じるでしょう。

そうなると、続きませんし、また抱いた不満が苦しみになっていくのです。

求めるものは、他人からの評価ではなく、「心」なのです。

こうだったらいいな(上の例でいえば「キレイになったらいいな」)、そういう想いに対して、それを果たすための行動なのです。

結果的に、他人から評価される事もあるでしょう。

しかし、それはあくまでも他人の勝手です。

自分は自分のやるべき事を淡々と続ける事ですね。

ただ言える事は、声を掛けられた時、評価された時に喜びを感じるのならば、自分も同じように他人に声を掛け、褒めてあげられる心遣いがあれば、また楽しいものになるのではないでしょうか。

では、今日もあなたの道をあなたの足で歩んでください。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『心のほっするのぞみ』
今日の言葉

我々は他人の幸福をうらやみ、他人は我々の幸福をうらやむ

(プブリリウス・シルス)



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





あれが欲しい、こうなりたい、こう思われたい、様々な望みが人間にはあります。

多くは人間の自分が抱く欲望です。

自己本位の欲望を満たすために、右往左往しながら、悩み苦しみ、疲れ果てるのです。

欲という間違えてしまうのですが、魂にものぞみがあります。

心のほっするのぞみがあるのです。

心(魂)のほっするのぞみを満たそうとする場合には、不思議と疲れがないのです。

悩み苦しみ事はあるとしても、それは心(魂)のほっするのぞみを満たそうとするからではなく、自己本位の欲望を押し通そうとするからなのです。

この辺りのバランスが難しいのかもしれませんが、人はそれでも心(魂)のほっするのぞみから切り離されてはいけないのです。

自己本位の欲望を満たすためには一生懸命になっても、心(魂)のほっするのぞみとなると、とたんに何をしていいのか判らない、そんな事をしても何の得もないと逃げてしまいます。

自己本位の欲望のみを追求するのも自由なのですが、それでは心(魂)はどうなるのでしょうか。

放置されては困る、そういう反応を必ず起こします。

そういう時期が誰にでもあるのです。(二十歳前後、二十五歳前後で多くみられる)

ただ、まさかそんな事を訴えられているとは判りませんし、誰も教えてはくれない(知らないのですから教えようもないですが)のです。

しかし、今ここを読んでいるという事は、もう「知らない」訳ではありませんよね。

あとは、自分がどう感じるのか、それに素直に従うしかありません。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆



高額査定が続々と!!愛車無料査定中!

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『一連の流れ』
今日の言葉

教養とは、自分とは別の価値観も許容することだ

樋口裕一



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





心のあり方、その答えが今の自分です。

思いがあり、それを行動に移し、結果として答えが出ます。

その結果に納得がいかないのならば、考え方を変えていかなければなりません。

物事に対する捉え方、受け取り方、感じ方、そういうものが結果に大きく影響するのです。

行動を変えても、始まりが違っていれば、結果はやはり納得のいかないままなのです。


同じような事をやっても、うまくいく人、いかない人がいるのは、心のあり方が違うからなのです。

故に、そこをどう変えていくのかを自分で掴む事ができれば、結果も納得いくものに近づいていくのです。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆



高額査定が続々と!!愛車無料査定中!

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『考える自由』
今日の言葉

人間の行動は思考の最上の通訳者だ

ジョン・ロック



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





素直になれないのは欲があるから。

何か言われて、聞いて、されて、勝手にそこから自分の想像を始めます。

たとえば、私があなたに「魂のことについてもっと知らなければならない人なのです」と言ったとします。

すると、人は勝手に

お金を要求されるかもしれない
仕事を辞めなくてはいけないかもしれない
禁欲生活を強いられるかもしれない

などなど、自分の生活を乱されるかもしれないと考えます。

そして、「魂のことについてもっと知らなければならない人なのです」という事がどんな事なのかを聞く前に、「私はちょっと…」と尻込みしてしまいます。

自分が何か損をするのではないか、我が身が可愛い故に、素直になれない事は多くあります。

損をしたくない、自分が可愛い、そういう欲が誰にでもありますが、欲を優先するあまり、何か大事なものを見落としていく可能性があるのです。

勝手に考えてしまう前に、聞いてみれば良いのですが、もうその時点で頭の中では自分の考えが渦巻いていますので、できないのは当然なのかもしれませんね。

考える事は大切ですが、時には聞いてみるという勇気もまた大切なのです。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆



【はくだけでサイズダウン!】骨盤ウォーカー\6,800

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『命、それは魂』
今日の言葉

これがあなたの人生だ。

リハーサルではない。

ジム・ドノヴァン



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




人の肉体は、怪我や病気、疲労に対して、必ずそれらを修復しようと働いてくれます。

それは、人間の意識では決して成せないものなのです。

では、何がそういう指示を出しているのでしょうか。

肉体自体が勝手に修復しようとしているのでしょうか。

そうではありません。

やはりそこには何かがそう指示を出しているのです。

指示を出す存在があるからこそ、修復しようとしないケースがあるのです。

指示を出しているのは命、つまりは魂です。

命、魂、そう言われても、それがどんなものなのかが判りませんよね。

目に見えるものではありませんから、実体が掴めないのです。

今はその実体が掴めなくても、命とか魂という存在について捉えようとする事はできるのです。

まずは、そこから、つまりは「ある」という認識から始めてみる事です。

特に、病気で悩む人、疲労感が朝になっても取れない人などは、修復してもらえない何かが自分にあるのです。

心のどこかに過ちがあるのです。

過ちというと何か犯罪を犯したとか、そういう風に感じるかもしれませんが、そんなことではありません。

あえて言うのなら、感謝が足りないのです。

「ありがとう」は感謝ではありませんよ。

それは礼儀です。

感謝とは何か、自分なりの答えを見つけることです。

ヒントは「喜び」です。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆






テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『心の中には』
今日の言葉

成功して満足するのではない。

満足していたから成功したのである。

アラン



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02




心は自分の指針である!
昨日書きましたが、その心の内には様々なものが存在します。

魂もその一つです。
そして人間の我(が)もまた存在します。

心が指針であるとするのなら、指針となる部分を引き出してこなければなりません。
そうでなければ、指針の役割を果たさないのです。

頭では判っていても、どうしても表に出てしまう自分の性格があります。
怒りっぽいとか、愚痴っぽい、様々な性格があります。

多くが成長する過程で培ってきたものです。
そういうものを心の中に集めているのです。
心を指針とするためには、集めてしまった余計なものを一つ一つ取り除いていかなくてはなりません。

そのため、人間の基本(素直・謙虚・感謝)や五訓があるのです。
全てが完璧にできる人などほとんどいませんが、それでも日々の生活の中でやらなければならないのです。
それが心というものを、本当の心を取り戻す事に繋がるのです。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『心』
今日の言葉

自分から逃げれば逃げるほど 生き甲斐も遠ざかる

淡谷のり子



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





心とは何のためにあるのでしょうか。

普段、私たちが「こう思う」という風に思うものは、心で判断しているのではなく、頭で判断しているのです。

ですから、普段は心で何かを捉えてはいないのです。

「思う」という表現が頭で捉えているものとすれば、心で何かを捉える場合は、「感じる」という表現が一番近いのかもしれません。

心で捉える場合には、そこに明確な理由がない場合が多いです。
頭で捉える場合には、そこには何かしらの理由があるのです。

たとえば、人を好きになるのに、理由があるか、ないか、と言えば、言葉では表現できないけれど、「好きだ」という事だけは言える、という経験はありませんか。
それに似た感覚だと思ってください。

心は何のためにあるのでしょうか。

他人のため?
社会のため?

いえ、心は自分のためにあるのです。
心は自分の指針なのです。
今の自分を心に照らし合わせるのです。

心、その捉え方は様々あるでしょうが、自分の指針であるという事を忘れないように。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆





テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『生きる楽しさ』
今日の言葉

人を観察するのは、その人の目によってするのである

胸のなかが正しいか、正しくないかは、

ひとみがはっきりしているか、暗いかによってわかるものである

吉田松陰



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





基礎や基本を身につける事は、それが土台となる故に非常に大切な事です。
土台がしっかりしていなければ、その上にどんな立派なものを築いても、脆く倒れる可能性が高くなりますからね。

しかし、どんなに頑丈な土台を築いても、その上に何もなければ意味はありません。
せっかく築いた土台も、その上に何かしらのものがなければ、土台の意味を成さないのです。

仕事だろうと、プライベートだろうと同じです。
生きているからには、自分というもの(ひいてはその内にある魂)を表現していくためには、基礎や基本を学び、その上での表現を積極的に行っていく義務があるのです。

表現、それは絵画や音楽というものだけではなく、ごくごく日常の挨拶であったり、笑顔であるのです。

誰の心にも、表現したい何かがあるのです。
それを素直に出せないのです。
生きていく間に、様々な差し障りを作っているからです。
恥ずかしさとか照れなんかもそうです。
自分が勝手に作って、素直になれないだけなのです。
作ったのは自分ですから、それを壊すのも自分。
それができれば、もっともっと生きる事が楽しくなるのです。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『何のために生きるのか』
今日の言葉

向上心がある者に、喧嘩をしている暇などない。

五分の理がなければ、大事な事でも、相手に譲れ。

十分の理があろうとも、些細な事なら、相手に譲れ。

エイブラハム・リンカーン



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





人は何のために生まれ、何のために生き、何を成さなくてはならないのか。
人類が始まって以来、その答えを多くの人が求め、掴めないままこの世を去っていく、この繰り返しなのです。


人間は自分だけで終わりですが、魂は輪廻します。
人間が答えを見つけ、それを成すまで、その限りある限り輪廻するのです。
しかし、何度輪廻しても、その答えにたどり着ける者は少ないのです。

まずは、魂という存在自体を人間は知りません。
更に、現実には楽しい事ばかりで、何のために生まれ、生き、成すべき事は何なのか、なんて考える方がおかしな人間と思われるかもしれません。

それでも、人はどこかで求めています。
それが得体の知れない不安だったり、例えようのない不満だったり、耐えられない淋しさだったり、理由の説明できない何かを抱えているのです。

何のために生まれ、生き、何を成すべきなのか、それは人間の自分のために求めているのではないのです。
魂という存在を宿した者として、求める義務があるのです。
すでに、この世に存在するという事が権利であるゆえに、権利をもらっているのならば、義務も果たさなければならないのです。

人間として、面白おかしく人生を送る事も、大切な事ではありますが、魂という存在を知り、自分が成すべき事を成すという事も大切なのです。
そのバランスが人間の方に偏っている時はうまくいきません。
魂と共にあるという事がいつも心にある自分を作っていけるかどうかです。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『信じた自分を信じ抜けるか』
今日の言葉

精神は、鍛錬なしには堕落する

レオナルド・ダ・ヴィンチ



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





あの世は、どこか違う世界にあるのではなく、この世に存在します。
ただ、テレビやラジオなどでチャンネルがあるように、この世にもいくつかのチャンネルがあり、チャンネルを合わせる事ができなければ、あの世が見えないだけです。

子供などは、チャンネルが合ってしまう事が多いようで、「子供がおかしな事を言う」という相談はよくあります。
相談をするという事は、少なからずそういう存在を認知しているのでしょう。
その場合は対処の余地がありますが、多くの場合は、気のせいだとか、子供の悪ふざけだとそのままにしているのです。

あの世がこの世にあるのなら、そこらじゅうに霊が溢れているでしょう。
しかし、チャンネルが違う故に、気付かないものなのです。
心霊スポットなどに行かずとも、私達は目に見えない故に気付かないだけで、常に霊と同じ空間にいるのです。

では、霊によって影響があるのでしょうか。
それは一概にある、ないは決め付けられない場合がありますが、その家に常に存在するものがあるとするのなら、影響は出てきます。
特に、性格的にネガティブな方などは、すぐに入り込まれる可能性はあります。
そうなると、肉体的にも、精神的にも、少しずつ侵食されていきますから、肉体が壊れるか、心が壊れるか、またはどちらも壊れるか、という事も起こり得るのです。

人は本来その肉体に「魂」を宿しています。
ヤドカリでいうならば、すでにヤドの中にヤドカリがいれば、他のヤドカリが入る事はないのです。


しかし、中には魂が抜けて、ヤドの中が空っぽの場合があります。
また魂はあっても、その魂が別のものが入る事を許可する事もあります。
そうなると、本来は魂だけが宿っているはずの人間に、霊とかその他正体不明なものが入る込んでしまうのです。

子供の悪ふざけ、気のせい、目に見えないのに存在するはずがない。
一概にそう言ってしまっては、後々に思わぬ現象に出会う事もあります。
また全てが霊とかの存在だとも言い切れませんから、そこは相談してみるのも一つの方法ですね。
ただし、見えない故に、騙そうとする人も確かに存在します。
何を、誰を、信じていけばいいのか、それが難しいのかもしれません。

色々と話を聞いて、どこかで「信じた!」という自分があれば、委ねてみるしかないのでしょう。
「信じた!」という自分をどこまで信じられるのか、というのが一番の課題なのでしょう。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆





テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『思いを形に』
今日の言葉

食べ物にしても情報にしても、いらないものをとらないということは
僕の中では大切なことです。
そうしないと絵も無駄な線が多くなる。
作品の中で無駄なものを無くしたいんですね。
自分自身の生活から律していかないと
それは絶対に表現できないと思うんですよ。
片岡鶴太郎



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





何かをしようと思った時、したいと思った時、その時の都合や感情をまず考えるのが一般的です。

今は忙しいから、気分がのらないから、失敗するかもしれないから、都合や感情は様々あります。
しかし、それ以前に、しようと思った、したいと思った自分をどう受け止めるのかを忘れてはいけません。

思ったものがどんな事なのか、それも様々で、人間の欲であるかもしれませんし、人間ではなく心が求めること(魂が求める)なのかもしれません。

思いを形にするのが肉体を持つ人間の能力の一つです。
しかし、都合や感情を優先するあまり、その能力を使わずにいるのです。

自分勝手に何でもやればいいとは言いませんし、逆に周りや自分の都合ばかりを優先して全てを我慢すれば良いという事でもありません。
自分が思った事、それが人間の欲望なのか、心の求めるものなのか、その違いが判らないのも確かです。
ただ、言えることは、他人に迷惑を掛けないのならば、思いを形にする事を積極的に実践していく事です。

結果として、自分の欲望だったのか、心の求めるものだったのかを考える事はできますし、また形にする過程の自分の心のあり方次第では、どちらであれ、うまくいくこともあれば、いかないこともあります。

思ったら行動してみること。
そしてその際には、それを好きになってやることですね。
嫌々では、たとえそれが心の求めるものであったとしても、結果は良いものにはなりません。
どうせやるなら、気持ちを込めるのです。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『努力と運』
今日の言葉

鳥のように自由に空を飛びたいなんていうのは勝手だけど

鳥が飛ぶためには何万回翼を動かしているか、よく見てごらん

ビートたけし



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





成功が続く人と続かない人がいます。
その差は様々ありますが、今日は一つ、「努力」についてお話しますね。

努力する事は、偉い事ではなく、当たり前の事です。
努力できない人もいますから、努力できる事は素晴らしい事なのですが、素晴らしいとかは自分で思うものではありません。
自分では「当たり前の事」と捉えておかなければ、成功した場合(してくてもですが)にその成功が続かない事があるのです。

成功した時、ついつい「努力が報われた」と思うものです。
しかし、成功を続けられる人は、「運が良かった」とか「自分の実力以上のものを得られて感謝している」という風に、「努力した」という事を強調する事は少ないのです。

運というものは自分で掴むものである一方で、それはあくまでも努力とか忍耐とか継続というもの、そしてその過程の心のあり方というものに対して、運が投げられるのです。
それを掴めるかどうか、という点では運は掴むものなのですが、それ以前に運を投げられるような自分であったか、という点を考えなくてはなりません。
そしてまた、運を投げてくれる存在があるという事を知っておかなくてはならないのです。

成功を続けられる人は、他人や運を投げてくれる存在(神と呼ぶ人もいますね)に対する感謝を最初に抱ける人なのです。

そういう気持ちを抱く事ができる人は、次もまた、運を投げてもらえる可能性が高くなります。
しかし、自分の努力を先に挙げる場合は、次はない、または次までのインターバルが長いのです。

誰だって自分の努力というものを評価されたいものです。
評価されない事に対する不満というものは判ります。
しかし、努力するのは当たり前という気持ちを持てなければ、成功するかどうかの確率が下がるのです。

今、努力を評価されずに悩んでいるのなら、まずは「努力は当たり前なのだ」という事を自分に叩き込むことです。
そして、成功した時、うまくいった時には、その「運」に感謝する事です。
幸運の女神に出会える人は、必ずそういう事ができているのです。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『感性・心』
今日の言葉

晴れた日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す。

楽しみあるところに楽しみ、楽しみなきところに楽しむ。

吉川英治



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





目で見て、目で追う、そんな時代です。
ですから、感性とか心で物事を見られない、追えない時代なのです。

そういう事に対して、少なからず、危機感を感じる人もいます。
そして多くの人が、危機感まではいかなくても、感性とか心とかに興味を惹かれます。

ところが、感性とか心というものを豊かにするためには、時間が掛かります。
本来ならば、幼き頃から感性や心を豊かにするような教育が、学校だけではなく、家庭や地域で必要なのですが、教育=学問、つまりは難しい問題が解けなければ駄目という時代がありました。
その結果が今なのでしょう。

危機感や興味を感じていても、何か打開するために動くかと言えば、動かないのです。
もし動いたとしても、すぐに結果を求める故に続かないのです。


種を植えて、芽が出て、成長するには時間が掛かるのは理解できますよね。
子供が大人に成長するのにも時間が掛かりますよね。
感性や心だって、成長するには必ず時間が必要なのです。
すぐに結果が出る、それは稀な事なのです。
もちろん、一つの階段を上がれば、何かしらの結果が出ますが、その結果(変化)が些細過ぎて気付かないだけなのです。

焦る必要はありません。
中には焦らざるを得ない人も確かにいますが、それでも結果をすぐに求めても得られないのですから、落ち着く事です。
落ち着いて、自分ができる事を怠る事無く続けていく事が、結局は一番の近道なのです。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆





テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『楽しむ人生、喜ばしい人生』
今日の言葉

人の苦しみに同情することは人間的であるにすぎない。

それを救うことは神的である。

ホーレス・マン



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





人生を楽しむ、人生を喜ばしいものとする、この二つは似ているようで違います。

人生を楽しむ、これは自分が楽しいのですから、たとえば趣味の世界や好きな事をするという事です。

一方で、人生を喜ばしいものとする、これは人の喜びや感動を喜ぶもの、判りやすいのは芸術やスポーツなどでしょう。

人生を楽しむもの重要な事ですが、それだけでは自分だけの世界になります。
芸術やスポーツだけではなく、私達は日常の中でも、人に喜びや感動を与える事はできますし、また人が喜んだり感動している姿に喜びを感じる事もできるのです。

なぜこんな話をしたのかというと、よく「報われる」とか「報われない」とかいう言葉を聞きますよね。
その報われるとか報われない、それが何に対してなのか。
自分が楽しむための努力、または自分の利益になる事に対して努力、それが報われるとか報われないとか言っても、努力するのも、それが報われる・報われないも自分の勝手なのです。
自分が好き好んでやっているのだから、そこに恵まれるものがあると考えるのが間違いなのです。

喜ばしい人生ならば、報われるとか報われないとか、そういうものに作用する何かがあるのか。
それはあるかもしれませんし、ないかもしれません。
真剣に喜ばしい人生を送っているのならば、恵まれるものがあるかもしれませんが、それを期待すればもう何もないのです。

難しいところですが、人の喜ぶ姿や感動する姿に喜びを感じている時に、喜べば得をするとか考えているでしょうか。
そんな事を考えて喜んでいる人は、人の姿に喜んでいるのではなく、得をする事に喜んでいるだけですよね。

人の喜ぶ姿や感動する姿、そういうものに触れた時、自分が何を感じるのか。
人前で「別に何も感じない」なんて言ってしまう方でも、どこかに喜びを感じる自分があるのです。
ただ、それを出せない自分があるだけなのです。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆





テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『ヒトリゴト』
今日の言葉

現在もっているものに満足しない者は

もちたいと思っているものを手に入れたとしても

同様に満足しないであろう

エーリヒ・アウエルバッハ



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





日々の生活の中で、人はその自覚がなくても、自分を汚しながら生きています。
感情の任せて発した一言、態度、そういうものが自分を傷つけ、汚しているのです。

もちろん、そういう傷や汚れが目に見えるかといえば、見えません。
見えない故に、傷つけていない、汚してないと思い込んでいるのです。

しかし、確実に自分の中で、傷や汚れは蓄積されていきます。
タバコを吸われる方の肺が、徐々に黒ずんでいくのと似たような事が、私たちの心と体に起こっているのです。

若い間はエネルギーに溢れています。
多少の傷や汚れならば跳ね飛ばしていける人もいますが、歳を重ねるとそうはいきません。
ある日、傷や汚れに耐えられなくなるのです。

今は、我慢だとか忍耐だとか、そういう事が自分のためになると聞いても、そこまでして成長する意味を感じられないかもしれません。
それよりも、今現在を、面白おかしく生きていく方が、よほど自分のためであるように思うのかもしれません。

歳を重ねて気づく事があるのですが、そういう場合、もっと若い頃に気づけていれば、と思うのです。
ですから、自分が感じた後悔をさせまいと、若い人に言いたくなってしまうのかもしれません。

長く生きればよい、というわけではありませんが、長く生きたからこそ、大切な何かに気づくことがあるのです。
そういう話を耳にして、年寄りの戯言、なんて思わず、耳を傾ける自分があれば、たとえ自分には関係がないとしても、いずれどこかで「これか!」と思う事もあるでしょう。

人はいつまで経ってもある一定の線から飛び出せず、堂々巡りをする生き物なのです。
目の前で、「こう生きた人はこうなる」という見本を見せてもらっているのに、他人事と受け流しているのです。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆






テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『囚われない瞬間』
今日の言葉

愛は、なみはずれた行為や英雄的な行為をすることではない。

あたりまえのことを心をこめてすることだ。

(ヴァニェ)



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





真面目な人、几帳面な人、それはそれで魅力の一つです。
しかし、あまりにも自分で作ったルールに囚われてしまうと、疲れてしまいます。

疲れる、漢字を変えると「憑かれる」となりますが、まさに自分のルール・考え方に憑かれて、肉体的、精神的に万全とはいえない状況になる場合があるのです。

疲れると憑かれる、ちょっとしたこじ付けのように思えなくもないのですが、自分のルールや考え方にとり憑かれて、おかしくなってしまう事はあるのです。

いつ破裂するか判らないようにパンパンに張った風船をいつも抱えていると、緊張感はあるかもしれませんが、思わぬ瞬間に割れてしまう可能性も高いのです。

ある程度の緊張感は必要ですし、こだわりを持つことも悪い事ではありません。
しかし、そのこだわりはどんな信念の上にあるのでしょうか。
言葉を変えれば、あなたにはどんな信念があり、それを貫くためのこだわりを持っているのでしょうか。

許せない、気が済まない、そう思うだけで、何の信念もないこだわりならば、捨てた方が良い場合もあるのです。

あなたは馬鹿になれますか。
バカらしいと鼻で笑う、それは簡単な事ですが、そのマネをできますか。
何にも囚われない瞬間がどれほど意味あるものなのかを知っていますか。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『思いは消えない』
今日の言葉

誰かからもらった価値観で生きているから 退屈を感じる

誰かからの評価にとらわれているから 苦しみを感じる

小泉吉宏



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





過去に抱いた思いというものは、時間と共に消えるというわけではありません。
10年前だろうと、100年前だろうと、思いというものは消える事無く存在し続けるのです。

もちろん、抱いた瞬間に100であったとして、時と共に50程度しか感じられないという事はあるでしょうが、完全に0になる事はないのです。

その思いがどのようなものなのか、それによっては現在の自分にとって足枷のようなものになる場合もあります。

また自分が抱いた憎しみや恨みというものが、時を経て、100年後、200年後の子孫の足枷となる事もあるでしょう。

だからこそ、間違えないようにしていかなくてはいけないのです。

自分も背負ってきたのだから、自分は自由に生きて、後の事は知らない、なんて考え方をする方もいらっしゃるようですが、その心のあり方は、遥か遠くの未来にも影響しますが、それよりも先に今の自分に多くの影響を与えます。

怒り、憎しみ、妬み、嫉み、一般的に負の感情と言われるような思いを、いかに抱かないように生きていくのか、それはもう自分との戦いです。

最初は自分に言い聞かせながら、出来たり、出来なかったりを繰り返すしかありません。
出来るようになるまで続けるしかないのですが、ついつい感情の負けてしまうのです。
挑めば挑むほど、ハードルは高くなっていきます。
試されていると言っては語弊がありますが、自分に出来る事が増えれば、求められるものも多くなるのです。

これだけやっているのに、という感じれば終わりです。
続けたくなくなるのです。
もっと貪欲に自分を高める意思を持つことですね。
まだここまでしか来ていない、と奮起できれば、ハードルを越えることは苦しみではなく楽しみになっていくのです。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆



☆★☆マクロミル アンケートモニタ募集中☆★☆
市場調査に参加しませんか?アンケートに回答して、ポイントを貯めよう!
貯まったポイントは、イーバンク銀行口座へ換金したり、商品券に交換できます!

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『運を掴む』
今日の言葉

運がいいからといって得意になるな。

不運だからといってがっかりするな。

(クレオパルス)



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





運、不運は、偶然にそうなるのではなく、自分の言動や思い、心のあり方で導くものです。
特に心のあり方がポイントになるのですが、それは心の一部に魂という存在があるからです。

自分では気づかないような心のあり方でも、魂はよく知っています。
魂からOKをもらえるような心のあり方ができた時には、運の良さを与えられる事があるのです。
逆に、NGをもらうような心のあり方の場合には、不運を与えられるでしょう。

魂の好みで、運、不運が分かれるのではなく、そこには一定のルールがあるのです。
そのルールに照らし合わせて、OKかNGかが判断されるのです。

OKを出してもらえた時、つまりは物事がスムースに進んだ時の自分の心のあり方を振り返ること、そして常にそういう心である事が、運を掴む最短の方法なのです。
そして、NGを出された場合にも、自分の心のあり方を振り返り、修正していけば、運を掴む事ができるのです。

魂は、人間のように、好き嫌いや気分で対応が変わることはありません。
だからこそ、そのルールを知れば、迷う事はないのです。


そのルールの基本的なものが、いつも書いている人間の基本(素直・謙虚・感謝)と五訓(怒らず・驕らず・怠らず・優しく・美しく)なのです。

運が悪いとか、うまくいかないと感じる時は、3つの基本と五訓に自分を照らし合わせてみることです。
そして、運が悪いと嘆いている顔を鏡でじっくりと見てください。
見るからに運が悪そうだと思うはずです。
そこには笑顔がないのです。
運が悪いのに笑顔なんてできない、というのなら、いつまでも運なんて掴めないのですよ。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『恵まれている』
今日の言葉

すぐに思うようにいかなくても、あきらめずに、黙々と技を磨け。

自分を律することが出来るようになれば、驚くほど自信がついてくるものだ。

テリー・ブラッドショー



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





欲するばかりの自分であるならば、満たされる事はありません。
今あるもの、今ある状況に、感謝する自分がなければ、それらさえも失いかねないのです。

欲を持つなというのではなく、得たものに喜びを感じるようになれば良いのです。
どんな些細なこと、些細なものであったとしても、得た喜びを感じられますか。

足りない、足りないと欲する人も、見回してみると多くの恵みがあるのです。
ただ、それを意識していない故に、自分が何も手にしていないように感じているだけです。

以前書いた事がありますが、「何ももたぬという人でも、天地のめぐみをいただいている。」という言葉があります。

不満があるとしても、生きているじゃないですか。
生きているならば、それだけですでに恵まれているのです
それを心底感じられるようになれば良いのです。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『生き様』
今日の言葉

人の本性は不定なり。

一つところを渦まく水のごとし。

東の方へ切り開けば水は東方に流れ、西方に切り開けば西方に流る。

荀子



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





他人の自分に対する評価が、自分が思うものよりも低かったとして、それに腹が立つのが普通なのかもしれません。

しかし、よく考えてみると、評価とは常に他人が下すものです。

自分では有能だと思っていても、自分には見えない部分もあれば、気づかない部分もあるのですから、腹を立てる前に、何が自分には足りないのかを考える方が先なのです。

もちろん、中には十分に有能なのに、他人の嫉妬や妬みで低く評価される場合もあるかもしれませんが、そういう場合はごく一部の人だけの評価が低いのではないでしょうか。

自分は悪くない、そう思いたくなるのが人間ですから、腹が立つのは自然な事でしょう。
しかし、そういう自分に流されていると、一生気づけないものがあるのではないですか。

100%の人間なんていません。
私だって完璧な人間ではありません。
死ぬまでに完璧になれるか、それは判りませんし、途中で人生を終えてしまうかもしれません。

ただ、重要なのは、常に前向きで、成長していく志があったかどうか、またそれを行動へと繋げてきたのか、という部分なのです。

なれもしない完璧な人間を目指すよりも、今日を面白おかしく過ごせればいい。
それもまた一つの選択肢です。
どういう生き様を目指すのかは、最終的には自分で決断するだけですから。
ただし、どういう生き様を送ろうとも、その責任は自分にある事だけは忘れないように。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆






テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『演技すること』
今日の言葉

芸術はそれ自身目的ではない。

人間を表現するための手段である。

ムソルグスキー



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





相談に訪れる方に「演技をしなさい」とアドバイスする事があります。

「演技」と聞くとどこかわざとらしく、自分や他人を騙すような気がするかもしれません。
しかし、普段から私達は演技をしているのです。

たとえば、具合が悪い時には、具合が悪い演技をしてます。
ただ、本気で演技しているから、「演技している」という感覚ではないだけです。

人間は表現する事ができる生き物です。
何を表現するのか、どう表現するのか、考えた事があるでしょうか。


具合が悪い、機嫌が悪い、そういう時に、それをそのまま演技して、心は晴れ晴れとするでしょうか。
心が晴れ晴れとするように、自分から違う演技をするしかないのです。
辛く苦しい時こそ、無理のない程度に、笑顔とか元気とか、そういう演技をする事で、いずれはそれが身についていきます。

迷った時は、どうすれは心が晴れ晴れするだろうか、と考える事です。
怒りや悲しみ、苦しみに飲み込まれそうになった時、そのまま飲み込まれるのか、覆すのか、その分岐点で自分を見失わないためにも、日々心掛けていくと良いでしょうね。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆






テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『何かを成すためにも』
今日の言葉

自転車は走ればこそ転倒しない。

要領の良い連中は、不安定な世の中を遊泳する。

エミール=オーギュスト・シャルティエ 「アラン」の名で「プロポ(1)」等を執筆)



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





人間、何かを成すために生まれ、生きています。

なんて言葉にすると難しいですよね。
「何か」を見つけられずに迷っているのですから。

判らなければ、とにかく「素直・謙虚・感謝」と「五訓(怒らず・驕らず・怠らず・優しく・美しく)」を実践してみる事です。

常に微笑を忘れず、先の3つと5つ、合わせて8つの事を心掛けていくと、何かしら感じられるものが出てくるでしょう。

「こんなことで!?」と思うかもしれませんが、多くの人は、「こんなこと」が全くできないのです。

言葉や文字にすると、当たり前で簡単な事のように思えるでしょうが、実践してみると意外に難しいのです。

人には感情がありますよね。
気分の良し悪しもありますよね。
そういうものに流される事に慣れているのですから、先の8つの事を実践していく過程で、ついつい感情とか気分を優先してしまうのです。

感情や気分に左右されない自分を作り上げていく事で、自分の本質が浮き上がってきます。
浮き上がってくれば、何を成すのか、それが明確になっていきます。
まずは、先の8つと微笑を心掛ける事から始まるのです。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆



お手頃価格でビジネスサイト運営者様をしっかりサポート!
さくらのレンタルサーバ ビジネスプロ

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『魂に好かれる自分』
今日の言葉

一見して人生には何の意味もない。

しかし一つの意味もないということはあり得ない。

アインシュタイン



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





幸せに無縁なのは、環境が原因なのでもなければ、世の中がおかしいのでもなく、自分の心のあり方によるのです。

幸せそうな家族をみて、妬みや嫉みを抱く心が幸せを逃すのです。

爽やかな家族だな、微笑ましいな、と思えない心を持つ人に、幸せがくると思いますか?

妬みや嫉み、憎しみというものを抱くような自分であっては、決して何かを恵まれるという事はないのです。

他人のために生きよとは言いませんが、他人が喜ぶ姿や幸せそうな姿に対して、さもしい感情しか抱けないようでは、さもしい人生を送る可能性が高まるのです。

心の一部に、魂という名のあなただけの神が存在します。
さもしい心を魂が喜ぶでしょうか。
魂がどういう自分なら喜んでくれるのか、それを考えていける自分であって欲しいのです。


悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『不安定な自分』
今日の言葉

すべては人を介してやってきます

チャンスは人に乗ってやってくるのです

家に閉じこもっていてはなにも変わらないのです

千葉智之



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





自分は間違っていない、と思う事自体が間違いです。

何が間違いで、何が間違いではないのか、それを自分の中にある基準で計ろうとしても、結局は自分では間違いではない(または間違いである)と思い込んでいるだけで、実際は判りません。

自分は間違っていないと思い込んでいると、それに沿って相手を判断します。

相手にも自分と同じように「自分は間違っていない」という思い込みがあれば、歩み寄る気がなければ平行線です。

「自分がこう思う」というものを持つのはいいのですが、それはその時々の気分や環境、変化する「何か」に左右されていないでしょうか。

基準が変化すれば、当然「良し悪し」も変化します。
それでは、人は自分を「一貫性がない」と感じるでしょう。

少なからず、人は一貫性のない生き物です。
感情の赴くままに生きているのですからそれは当然なのでしょう。

一貫性のない生き方をしているから、良い事もあれば、悪い事もある、またうまくいく事もあれば、いかない事もあるのです。
やり方は同じでも、心が上がったり、下がったり、清らかだったり、汚れていたり、芯がないのです。
いつまでも、そんな自分で良いと思うのならば、それでもいいのですが、そうではないと思う自分があれば、今が変化する時なのです。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

『たまには恋愛の話でも』
今日の言葉

肉体的な弱点でも、内面的なものでも、

それを他人に気づかれまいと苦心するところから

人間は醜くなるのです

五木寛之



ブログランキング参加中。ポチッとお願いします(*^-^)
f-02





自分の心を曝け出す事、これをカッコ悪いとか、恥ずかしいとか、そういう理由で出来ない人がいます。

もちろん、いつでも誰にでもそういう自分を曝け出してよい訳ではありません。
しかし、一人で抱え込み、悩み苦しみ場合、それが人生を楽しむことを半減させてしまいます。

恋愛をし、パートナーを得るという事の中には、自分を曝け出す相手が欲しいという面もあるのかもしれませんね。

ただし、曝け出すのも度が過ぎると、愛が憎しみに変わるなんて具合に、思わぬ泥沼を招く事もあります。

曝け出す=感情のぶつけ合い、とならない程度に、相手を敬う気持ちや気遣いを踏まえて、共に生きていく心がけが大切なのでしょう。

忘れてならないのは、自分が相手を理解できないと腹立たしさを感じる時は、同じように相手も自分が理解できないと思うものです。
認められないから、認めてもらえないものなのです。
そして、自分が認められるからといって、相手が認めてくれるとも言い切れないものです。

もどかしい事もあるかもしれませんが、自分の至らない点を修正するように惹かれあうものなのです。
こんな奴とは別れてやる、なんて思っても、自分の至らない点を修正できない限りは、大抵は同じようなタイプの方を選んでしまいますよ。

悩んだ時はお立ち寄りください。
真実への扉は・・・本家にある
☆本家にて「相性占い」「宿命占い」のコーナーを新設☆

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。